2015年12月18日金曜日

【転勤前の挨拶回り第26弾】冷え込んだ日は誰しも蕎麦が恋しくなる。新地の「喜庵」でランチタイムサービスの蕎麦二品を啜る

仕事がお昼休みに食い込みました。
今夜は部の歓送迎会&忘年会。
軽めに蕎麦がいいかな、とKさんとN君と一緒に出遅れランチ。
最初はときの暖簾を潜りましたが、満席で一組待ち。
喜庵に行きましょう」
と私。
口が蕎麦になっているのです。


ところがここも満席。
しばし入口の椅子に腰かけて待つことに。


10分ほど雑談していると、席が空いて呼ばれました。


ランチタイムはお得なもり蕎麦ともう一品のセットメニューがあります。
初めてのN君にシステムを説明。


三人ともにしました。


もう一品は、ちょっと悩みましたが、なめこ天とじそばにしました。


もり蕎麦のツユと薬味が出て来ます。


最初はもり蕎麦


茹で立てを締めた、瑞々しい蕎麦。


少し田舎風のしっかりしたものです。
個人的にはもう少し繊細な方が好きですが。


辛めのツユに軽く潜らせて。
会社の近くに旨い蕎麦屋は限られていますが、ここはその数少ない店。


もり蕎麦を食べた後、二品目が出てきます。
なめこ天とじそば


薬味の葱と生姜をのせて。


揚げたての大きな海老天。


トロトロの玉子綴じの上にワカメがのっています。


玉子綴じを掬うと、中からなめこが。


蕎麦を手繰ります。


途中で一味を振って。


衣にツユが滲み込まないうちに天ぷらを齧ります。
いつも思うのですが、天ぷらはサクサクの方が美味しいのか、ツユを吸ってふやけたほうが美味しいのかが、永遠の謎。


玉子綴じはかなりの量で、食べても食べても底から湧いてくる感じ。


そばつゆに拡散したなめこ綴じを救済するには完飲しかありません。


なんとか無事救出しました。


もちろん締めは蕎麦湯。


出遅れた上に、待ち時間が長く、ちょっと焦り気味のランチとなりましたが、その分、転勤してきたばかりのN君と、ずっと大阪にいるKさんとの会話も出来たので、それはそれで良し。
お店を出て、少し早足で会社に戻りました。



↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村