2016年1月14日木曜日

【転勤前の挨拶回り第53弾】人間ドック前のノンアル晩ご飯は地元の大衆食堂でたまご尽くし。東天満「一富士食堂」でオムライスと出し巻と玉子スープ

明日は人間ドック。
忘年会、新年会、送別会と、延々と続いている宴会ですが、今日は予定を入れていません。
お酒は大好きですが、さすがにタフな私もヘバリ気味。
そういう意味では、今日はお疲れの身体や内臓を休息させる貴重な日でもあります。
ノンアル晩ご飯に相応しい店に足を向けました。
東天満交差点からほど近い、一富士食堂です。
転勤前のご挨拶を兼ねて。


定食は夜でも食べられる、昔ながらの町の食堂。


ランチタイムは近隣のサラリーマンで賑わう店ですが、夜はのんびりモード。
家族経営のアットホームな雰囲気が、私は大好きです。


転勤前ラストとなるこの店の食事を何にするか、相当悩みました。
こんなにメニューを矯めつ眇めつひっくり返す客もいないでしょう。
お母さんが怪訝な顔で私を見ています。


丼物と塩焼きそばと出し巻を頼みたかったのですが、今日のコンディションではそれは過剰発注。
なぜなら、お昼は新地の玉鬘の贅沢ボリュームランチだったからです。


発注まで5分はかかったはずです。
結局頼んだのは人気No.1のオムライス出し巻です。


なかなかのジャンボサイズ。
ケチャップではなく、ドミグラスソースがかかっています。


付け合せの福神漬けが赤いのも良し。


オムライスについてくるスープは玉子。
これは期せずして、嬉しいたまご尽くし。


オムライスと並ぶメインディッシュ、出し巻。
大人食いです。


まずは断面を確認。
薄めの玉子焼き、ケチャップライスも見た目は薄そうです。
チキンとタマネギ入り。


しかし、ケチャップライスの味付けはこれくらいの方が、くどくなくていい。
ドミグラスソースとの相性も良好。


半分食べても、まだこんなにあります。


出し巻にも着手。


ここの出し巻は、出汁がたっぷり入った緩めの作り。
お皿の底に汁が溜まるほどです。
ユルフワの食感も、これはこれで楽しい。


このあたりで苦しくなってきました。
やはり玉鬘のランチがボディブローのように効いてきます。


もう一息。


なんとか寄り切りました。


当初の目的であるノンアル晩ご飯を完遂。
しかも、家に帰ってもビールすら飲めないほど満腹ですから、今夜は人間ドック前夜としてはいいコンディションになりました。
下手をすると、明日の朝、未消化かもしれないと思うほどです。

庶民的な美味しいご飯を食べさせてくれるこの店ともお別れ。
席を立っただけで、ホールだけでなく、厨房の奥からも
「ありがとうございました!また宜しくお願いします!」
と元気な声が飛んできます。
いつまでも活気のある食堂であって欲しいと願いつつ、お会計を済ませました。




関連ランキング:定食・食堂 | 大阪天満宮駅南森町駅天満橋駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村