2016年1月29日金曜日

片道新幹線で東京へ。「名代 富士そば 八重洲口店」で大阪にはないたぬきそばを啜る

新幹線に乗って東京へ。
この4年間は「東京に来る」という感覚でしたが、今日は「東京に帰る」新幹線。
八重洲北口はすっかり様変わり。
毎月一回来ていましたが、こうして見ると4年の月日の長さを感じます。


東京は雨。
高速バスで自宅に帰る前に、空いた小腹を満たすことにしました。
何度も朝ご飯を食べた名代 富士そば 八重洲口店


たぬきそば温泉玉子をトッピング。


そばが見えないほどの天かすで覆われています。
大阪でたぬきと言えば、東京のきつねそば。
たぬきそば、と言ってもポカンとされるだけ。
そんな文化の違いに日々驚いた転勤当初を思い出します。


七味を振って。


早速啜ります。


わかめや天かすとも絡めて。


今日は生卵ではなく温泉玉子にしました。


この方がつゆの味を保ちやすいのです。


天かすと玉子、関東らしい濃い口のつゆが懐かしい。


天かすがつゆを吸って膨張しています。
これを残す手はありません。


もちろん完食完飲。


お店を出ると、雨のせいか冷え込みは一段と厳しくなっています。
大阪暮らしに後ろ髪を引かれる思いですが、気持ちをリセットしないといけません。




関連ランキング:立ち食いそば | 東京駅日本橋駅京橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村