2016年2月5日金曜日

素晴らしいネーミングの職場の懇親会「プリン体の会」にお招き頂き、転勤後初の週末は四川料理「重慶府 新橋」で激辛料理と紹興酒

新しい職場で、以前から飲み仲間のI君と、M先輩からお声がかかりました。
嬉しい初飲み会です。
しかも「プリン体の会」という、一見可愛いようで実はそうでもないネーミングに感動。
フルメンバーは7名。
私も今後定例参加させていただけることになり、今日は初参加。
楽しみにしながら訪れた新橋の四川料理、重慶府


先発していたM先輩、I君、N君の3名に遅れて合流。
とりあえず、乾杯です。


既に宴はかなり進行中。


この一面真っ赤な唐辛子に覆われた料理は鶏肉と唐辛子炒め


辛口よだれどり牛タンの四川風野菜巻きを貰います。


砂肝の和え物生ザーサイピータン豆腐


ザーサイも出てきました。


鶏肉と唐辛子炒めは、シコシコと唐辛子をどけていくと、その下からピリ辛の鶏肉が姿を現します。
何とも根気の要る料理ですが、酒には抜群に合います。
「プリン体の会」ならではのチョイス。


メニューでは唐辛子マークが四つ。


もやしナムル的なもの。
M先輩がリフティング。


M君が遅れて参戦。
再び乾杯です。


シーカバブ的なもの。
自分が頼んでいないので正式名称はわかりませんが、とても美味しい羊肉。
羊特有の臭みがまた旨い。


私が食べログから印刷したクーポン券で紹興酒は一本サービス。
「プリン体の会」初参加の手土産代わり。
私が手酌をしていると、M先輩がすかさずボトルを引き取って注いでくれました。


M君が中華料理屋で必ず頼むという、エビ玉
「カニ玉じゃないんですよ、カニをエビにして欲しいんです」
と、日本語があまり通じない店員に一生懸命説明しています。


餃子
なかなか大きい。


本日最後の参加メンバーK君も到着し、乾杯。
先発メンバーは、かなり酩酊気味です。
私はM君とは初めてなので、お互いの来歴を紹介し合いました。
他の皆さんは過去にお仕事をしたことがある仲間なので、思い出話に花が咲きます。


ここから更に辛い料理をオーダー。
激辛水餃子


唐辛子マーク5個は最強の辛さ。
牛肉の水煮


一瞬何が出てきたのかわからないほど、唐辛子がたっぷりかかっています。


お皿の上は、唐辛子だらけ。


紹興酒はもう一本お代わりして、ロックで。


遅れてきたK君が続々とオーダーします。


メニューと大分違うビジュアルですが、豚マメと青唐辛子炒めが出てきました。


青唐辛子が激辛。
「辛いよね、これ」
と言いながら、酔っ払った男たちは、皆モリモリと食べています。


最後にデザートが出てきました。
予期せぬお口直しに少しホッとしました。


大いに飲んで、盛り上がり、実に楽しい懇親会でした。


お店の前で皆と別れ、私は銀座を抜けて東京駅へと歩きます。
転勤最初の金曜日は、一週間の緊張がほぐれた楽しい飲み会でした。





関連ランキング:四川料理 | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


重慶府 新橋四川料理 / 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.3