2016年2月9日火曜日

新橋路地裏の「大露路」に帰任のご挨拶。全品300円のお値段そのままに頑張る昭和居酒屋の名店で、懐かしいハムメンと濃い目の玉露割り

新橋に会社が移って以来、10数年のお付き合いの昭和居酒屋にご挨拶に伺うことにしました。
烏森口から南西へ、飲食店が軒を連ねる路地の奥。


昭和居酒屋の名店、大露路です。
転勤中に一度来ましたが、それも2年半前のこと。


吉田類がふらりと現れそうな、というか、実は大昔に現れているお店。
ホール係が若いお姉さんに変わっていたので驚きました。
女将さんは、先週仕込みでお店に入るところを、舞浜でのランチ帰りに目撃していますが、今日はお店にはいらっしゃらないようです。


まずはビールの小瓶から。
突き出しは、今も昔もピリ辛もやし。
この店はドリンクもフードも全て300円。
唯一の例外がビールですが、消費税増税の逆風でも庶民の味方。


何をおいても、まずはハムメン


ハムカツメンチカツの合い盛り。
どちらも当店の名物ですが、通常はそれぞれ二個盛り。
それを一個ずつを合い盛りにしてくれて300円。
メニューにはありませんが、一人酒が多い私の定番オーダー。


菜の花
野菜は必要です。


久しぶりに目の前に並んだ愛すべき品々。
新橋に帰ってきた、と実感します。
私が入店してすぐ、18時を回ったところで満員札止め。
相変わらずハードルの高い店です。


厚さ1.5センチはあろうかという、懐かしい味のロースハムの厚切り。
昭和世代の琴線に触れる一品。


肉汁が溢れ出るジューシーなメンチカツ。
仄かなカレー風味です。


ドリンクは玉露割りの濃い目にチェンジ。
ここは濃い目でも300円。
安く、早く酔うための、センベロテクニック。


メニューからベーコンエッグが姿を消していました。
気になってお姉さんに確認すると、「あります」とのこと。
安心して、その前に違うメニューを頼みました。
肉豆腐


甘辛い濃いめの味付けが、大阪とは違います。
もちろんこれも慣れ親しんだ、好きな味。


玉露割りの濃い目をもう一杯。
この店はトマトハイも名物で人気がありますが、私はこれが好き。


肉豆腐の汁までアテにして飲み干しました。
満腹になってしまい、ベーコンエッグまで辿り着きませんでした。


お会計は1,850円。
昭和の居酒屋は、健在でいてくれました。




関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村