2016年3月22日火曜日

前の部署の先輩が催してくれた帰任歓迎会は2年半ぶりの訪問となる浅草の名店「肉のすずき」。山形牛A5等級未経産雌牛の素晴らしい特選盛をご馳走に

前の部署でお世話になったN先輩が、私の東京帰任の歓迎会を催してくれました。
そのふた月前に局内で異動した彼の元部下にあたるN部長の送別を兼ねての会。
肉好きのN先輩が連れて来てくれたのは、浅草鍵盤通りにある肉のすずき


2011年の春に私が友人たちと初訪問したのですが、あまりの美味しさとコスパの良さに、先輩にご紹介したところ、彼はそれ以来すっかり気に入って常連となったのです。
私自身は大阪転勤中の4年前、一時帰省中に家族と来て以来4年ぶりの訪問。


精肉店が経営するお店だけに、入口のドアが業務用冷蔵庫のそれになっているのがユニーク。


店内は浅草らしい寄席を彷彿とさせるインテリア。


まずは生ビールで乾杯。


お皿が出てきます。
左からポン酢、レモン、醤油。
もちろん大根おろしと山葵、塩も。
いい肉はできるだけ素材の味を活かした方が良いので、焼肉のタレよりは、こうした調味料の方が旨いのです。


キムチの盛り合わせ
当店名物のトマトに加え、今回は梅干しもありました。


最初は特選和牛タンから。


まるでフレンチのようなプレゼンテーション。


こんなに厚切りのタンは滅多にお目にかかれません。


ステーキのようです。


これは山葵だけで頂いてみました。


チョレギサラダ


続いて特選和牛ハラミ


素晴らしいサシ。


これはお醤油で。


ビールが進みます。
早くもお代わり。


いよいよメインの和牛特選盛
本日の希少部位からの四種類です。
この店は山形牛のA5等級。
しかも未経産の雌牛にこだわっているのは、肉質の柔らかさが違うからだそうです。
肉博士のN先輩のお話。


座布団、イチボ、芯々、ランプ
常連のN先輩ですから、当然お店もサービス。
先輩も唸る、見事な希少部位の中の希少部位。


早速焼いていきます。


あまり焼きすぎてはいけません。
さっと炙るように焼いて、肉の旨味を閉じ込めます。
ハサミで三等分。


食べ進むうちに、感動の溜息。
「これは旨い」


焼肉にはやっぱり炭酸系。
角ハイボールにします。


いいお肉は脂も多いので、量の割にお腹が膨れてきます。
「もう一つくらい頼もうよ」
という先輩の勧めに応じて、特選カルビを一人前追加しました。


これがカルビなのでしょうか。


驚きの美しさ。


贅沢なステーキです。


もちろん醤油で。
大根おろしと山葵添え。


「ここのウインナー食べたことある?これがまた旨いんだよ」
と先輩がオーダーしたリングウインナー


一本が長いので、三人でちょうどいい位。
焼くと丸まってハート形になるのが可愛い。


私は更に角ハイボールをお代わりします。


これはケチャップと粒マスタードで。


さすがにご飯ものはもう入りません。
山形牛入りカルビスープを〆に注文し、三人で分けることにしました。



大満足、大満腹。
すっかり先輩にご馳走になりました。

鍵盤通りから浅草寺の境内を抜け、ブラブラと浅草駅に向かって歩きます。
今日はほぼ満月なのでしょう。
丸いお月様と浅草寺、スカイツリーが美しい。


開花宣言の出た東京。
桜のつぼみもほころび始めました。
春は、もうすぐそこまで。


こうして歩く浅草も何年ぶりでしょうか。


雷門の化粧直しもいつの間にか終わっていました。
転勤前はよく飲みに来たエリア。
ご無沙汰している下町居酒屋を、また巡ってみることにします。





関連ランキング:焼肉 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村