2016年5月11日水曜日

食べればわかる西新橋の立ち食い「蕎麦 さだはる」の行列の理由。味、ボリューム、値段の三拍子揃ったサラリーマンの心強い味方

かねてから、その行列が気になっていた、西新橋の立ち食い蕎麦 さだはる
B級グルメ仲間のK君と待ち合わせました。
行列を避けて早めのチェックイン。


テイクアウトもできるようになっていて、発泡スチロールの丼で蕎麦を持ち帰る方もいます。


K君は、
「とにかく蕎麦が旨いんです。かき揚げなんか食べきれないくらい大きいし、それでも安いんですよ」
と絶賛。


単品にトッピングやセットなど、組み合わせは豊富ですが、初訪問の今日はK君推奨の牛丼セットにしました。
600円。


食券をカウンターで渡します。
これが噂の巨大かき揚げ。
その右に並ぶ各種薬味はかけ放題。


独立店なので、富士そば小諸そばなどのチェーン系のような画一的装飾感はありません。


大鍋の上にある筒が製麺機。
一人前ずつ注文を受けてから、上から自動で鍋にダイレクトで投入されます。
打ち立て、茹で立てを実現する合理的な仕組みです。


豊富なトッピングメニュー。
かき揚げ以外はすべてオンデマンド。


ふと見ると、巨大な泡盛の瓶。


見上げればお酒のメニューがあります。
天ぷらをつまみに立ち飲みが出来て、締めに蕎麦が手繰れるという趣向です。
これは気になります。


しばらく待って茹で立ての冷たい蕎麦の牛丼セットが出来ました。
受け渡しカウンターに置かれている薬味と玉子を一個受け取ります。
玉子は温玉にしました。


かけ放題の薬味はネギ、天かす、大根おろし、わかめ。
必要十分なラインナップです。


牛丼には飴色に煮込まれた玉ねぎも。


お漬物と牛丼用の紅しょうがをトッピングするのを忘れました。
自分の席と受け渡しカウンターを右往左往。


七味も振って、ようやく準備完了。
今日の暑さも手伝って、食べる前から汗だくです。
冷やしにして良かった。


まずは蕎麦からいただきます。
一口啜って納得。
きちんと蕎麦の風味が感じられ、平打ちの腰のあるしっかりした麺は、喉越しも良好。


薬味とも一緒に。


ぶっかけの出汁も実に旨い。


一方の牛丼。
温玉は蕎麦に使わず、あえて牛丼にというのは当店のヘビーユーザーK君に倣っての手法。


温玉を突き崩して。


牛肉に絡めていただきます。
これまたハイレベル。


吉野家などの大手チェーン系のような洗練された味とは異なり、いささか無骨で尖がった甘辛味ですが、そのワイルドさがまた魅力。


最初に受け取った時は、どちらの丼もやや小ぶりなミニサイズだったので、軽くクリアできるだろうと思っていましたが、意外とボリュームがあり、中盤から苦戦します。


何とか寄り切りました。


行列の謎が解けた納得の一杯。
私もK君同様、リピーターになることは間違いありません。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


蕎麦 さだはる 西新橋店そば(蕎麦) / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5