2016年6月19日日曜日

多古町の山あいにある産直店「九十九里ファーム たまご屋さんコッコ」で360円食べ放題のTKGを5年ぶりに堪能。嬉して美味しくて食べ過ぎた

今日のサイクリングは、二度寝してしまったので遅めのスタート。
行き先を近場に変更し、愛車キャノンデールのペダルを漕いで国道296号線を東へ。
成田空港から離陸する飛行機の下を走ります。


自宅から30キロ。
道の駅多古 あじさい館


道の駅の裏を流れる栗山川に沿って、あじさいが植えられているのです。


川沿いに整備されたあじさい公園


対岸に渡って、あじさいを眺めながらゆっくりと走ります。


芝生で寝っ転がって少し休んだ後、来た道を戻ります。



今日のランチは5年ぶりになる、大好きなTKGを食べさせてくれる九十九里ファーム たまご屋さんコッコ


店内は新鮮な鶏卵を始めとした卵製品を中心に、地域の商品を売る産直のコーナーがあります。


厚焼き玉子も気になりますが、自転車では持って帰ることはできません。


当店オリジナルのたまごかけご飯専用醤油も売っています。


レジで食券を購入します。
もちろんたまごかけご飯
13時でしたが、まだまだ混雑しています。
満席なのでしばらく待つ事になります。
税込360円。


食事は14時30分で終了。


15分ほど待って、席が空きました。
食券を持って、カウンターの渡し口に進みます。
そこには張り紙が。
白身を残す人がいるなんて私には信じられませんが、意外と多いのでしょうか。


大盛の丼ご飯、味噌汁、小鉢、そして山盛り食べ放題の生卵。


ブランド米の多古米。


味噌汁はかつては煮詰まっていたのですが、5年ぶりの訪問では、新しい具をお椀に入れて、そこに味噌汁を注ぐ方式に変わっていました。
これは味噌汁マニアの私も納得。
お代わりは必須です。


小鉢は二種。
厚焼き玉子とお新香。


鶏ごぼう。
これをのせた丼ご飯もメニューあります。


山盛りの生卵が私を呼んでいます。


小鉢に一つ割ってみます。
美しい黄身の色。
盛り上がった白身。
完璧です。


三種類のTKG専用醤油。
どう組み立てるか、嬉しい悩みです。


粗めに溶いて1個目を投入します。


大盛りご飯の一部に拡散を留めます。
全体に浸透してしまうと、ご飯の味が変わってしまうからです。
小技ですが、実は重要なポイント。


厚焼き玉子をオン・ザ・ライス。
甘い味付けで、焦げ目もいい感じ。
大阪では無かった味が懐かしい。


続いて2個目を投入。


鶏ごぼうもオン・ザ・ライス。


ご飯の白い部分を残しつつ作戦を進めてきたのが奏功しました。
無事3個目。


先に投入した2個の残りに絡めるように、ザックリと粗く混ぜます。


そこへ刻み海苔を入れて、一気に掻き込みます。


ここでトレイを持ってカウンターへ戻り、再びご飯と味噌汁をお代わり。
「最初の三分の二くらいで」
とお願いしましたが、もっと入っています。


厚焼き玉子と鶏ごぼうのダブルオン・ザ・ライス。


今度は一気に2個割り入れます。


もちろん粗めの撹拌で。


白身が完全に残っているくらいが、また旨い。


そこへもう1個。
一膳目とは異なる怒涛の展開です。


刻み海苔とかつお節ものせて、ラストスパート。


寄り切りました。
完食です。


生卵は6個食べました。


お店に入っていた時から、必ず食べようと思っていたプリンを買いにレジに戻りました。


とことんたまご尽くしです。


しっかりたまごの味を感じるプリン。
濃厚で、歯応えすら感じる食感です。


底から出てきたカラメル。
仄かな苦味が、甘いプリンとの相性も抜群。


大満足のランチとなりましたが、さすがに調子にのって食べ過ぎました。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という座右の銘を忘れさせるほど魅力的なTKG。
自宅に向かってペダルを漕ぎ始めましたが、胃が圧迫されて思うように脚が回りません。
帰りは苦労しそうです。

関連ランキング:和食(その他) | 芝山千代田駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村