2016年7月1日金曜日

私のB級グルメ道の基準店でもある有楽町「ジャポネ」で原点回帰。閉店間際を狙ってインディアン大盛を裏メニューの醤油味で

ようやく一週間が終わります。
会社を出たのは19時を回っていました。
今ならちょうど20時閉店の有楽町ジャポネに並ぶにはいい時間。
19時半に店に着くと、行列は店の前で途切れています。
これなら15分待ちで着席できそうです。


茹で置きスパゲティをラードで炒めるいい香りが鼻をくすぐります。
私のB級グルメ道の基準店でもあるこの店には、定期的に通っています。
自分の軸足がブレていないか確認、矯正するためです。


全てのメニューを裏も含めて制覇したにも関わらず、ここに来ると何を頼もうか毎回悩みます。
それほど、どれも甲乙つけがたい魅力があるのです。
行列に並びながら思案していると、立て続けに横綱と理事長のオーダーが入りました。
さすがに皆の視線が集まります。


フライパンの前の席が空きました。
悩んだ末に頼んだのはインディアン。
「醤油味でもできますか?」
と、すっと試してみたかった組み合わせを聞いてみました。
「出来ますよ、作ったことはないですけど」
という返事を聞いて、俄然萌えました。
自分がジャポネの裏メニューに新たな1ページを加えるということに、興奮を覚えます。


インディアン大盛醤油味


普通は塩味で白いスパゲティが、ほんのりと醤油で茶色くなっています。


インディアンには福神漬が供されます。


お皿の端に添えて、準備万端です。


早速取り掛かります。


ラードで炒めた醤油味の極太スパと業務用カレーの完璧なコンビネーション。
これこそがB級グルメです。


ゴロゴロと大きなビーフも入っています。
ウマ過ぎます。


福神漬も絡めて。
シャツにカレーが飛ばないように、前かがみになってお皿に口を近づけて食べ進みます。
お行儀は悪いですが、ジャンキーなフードには似つかわしいのです。


中盤にルーを足してもらいます。
インディアンだけに許される特権。
これを使わない手はありません。


ケチケチせず、ふんだんにルーとスパを絡めて食べることができる、贅沢なひと時。


もちろんお代わりした以上、ルーも綺麗に頂くのが作法です。


今日は体調も良く、大盛も難なく平らげました。
ジャポネが美味しく食べられるかどうかが、私のB級グルメの舌がブレていないかの判断基準でもあり、大盛が食べられるかどうかが、健康のバロメーターでもあります。
今日はどちらも良好な状態であることが確認できました。




関連ランキング:パスタ | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村