2016年8月10日水曜日

気になっていた昭和の佇まいの「浅草橋満留賀」で蕎麦屋飲み。つまみも充実、味も値段もボリュームも納得の使い勝手のいいお店

浅草橋は私の好きな町の一つ。
この問屋街は、一本裏通りに入ると、昭和の下町風情がしっかりと残っています。
お気に入りの店の一つ、居酒屋むつみ屋の並びにある浅草橋満留賀を覗いてみることにしました。


なんとも昭和な佇まいと、店先の晩酌セットの張り紙がずっと気になっていたのです。


地下もあるようですが、私は一階席に案内されました。
ご夫婦で切り盛りしているようです。


もちろん注文はビール天ぷら盛り合せ晩酌セット1,400円
まずは瓶ビールで喉を潤します。
きぬかつぎが突き出しで出てきました。


ビールを飲みながら、その後の組み立てを考えます。


たまご好きの私ですから、もちろん玉子焼きは外せません。


ねぎ入りです。
蕎麦屋の玉子焼きにしては、比較的ふんわりとした仕上がり。


晩酌セットの天ぷら盛り合せが出てきました。
想像以上のボリュームに一瞬怯みます。
この後の展開に影響を及ぼしそうな予感です。


濃い目の衣の色は、ごま油を混ぜているのでしょうか。
ネタも良く、衣の加減もサクッとしていて、町の蕎麦屋だと侮れない出来。
表の看板に、あえて「天婦羅」を掲げているのも、その表れでしょう。


海老天も立派です。


とりのもも焼き
いわゆる焼き鳥です。
蕎麦屋らしい、串打ちではない炒め焼き。
ジューシーな鶏肉で、これまたボリューム満点で550円。
この半分の量だと良かったなと思いますが、コスパがいい証でもあります。


締めの前にもう少し飲むことにします。
やっぱり、そば焼酎のそば湯割りでしょう。


雲海を徳利から大きな湯のみに入れて、そば湯を注ぎます。
一合ですから、三杯位飲めそうです。


もう一品。
小田原籠清のさつま揚げ
これまた一人には多い量。


さすが老舗のさつま揚げ。
ふんわり柔らかく、美味。


ようやく締め。
もちろんもりそばです。


もりそばは600円。


そしてこの量です。
またまた参りました。


さっそく手繰ります。
辛口のつゆに合う、繊細な蕎麦。
当たり前ですが、蕎麦が旨くなければ蕎麦屋飲みの店としては不合格。
この店は町の蕎麦屋のラインをきちんとクリアしています。


最後は蕎麦湯で締め。


どのつまみもそれぞれに必要十分な味と値段。
ボリュームは一人飲みには多いですが、2人以上ならいいでしょう。
締めのそばも美味しく頂きました。
問屋街のサラリーマンや近所のご家族が普段使いで通う、いいお店です。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


浅草橋満留賀そば(蕎麦) / 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.2