2016年9月10日土曜日

昔懐かしい若き日の名古屋の思い出。「味仙 矢場店」で30年ぶりの台湾ラーメン

義父の四十九日で来名しています。
ランチは義母と妻、長男と三男と五人でランチに出かけました。
私の希望で台湾料理味仙へ。
今池の本店に行きたかったのですが、ランチは営業していないので、矢場店へ。


若宮大通に面して立派なビルが建っています。
私にとって味仙の記憶は新入社員で配属された名古屋支社時代。
30年以上前、新卒の私は残業と飲み会で午前様の毎日。
今池の味仙で紹興酒を飲みながら台湾ラーメンを啜るという、なんとも荒っぽい生活を送っていたことを思い出します。
今は名古屋市内の各所に支店があり、本店も立派なビルに建て替えられています。
しかも先日東京にも進出した「名古屋めし」の一角です。


ランチタイムは家族連れで賑わっています。
私たちは二階のホールに案内されました。


巨大なホールはほぼ満席。
活気のある店内です。


メニューを眺めて料理をセレクト。
どれもこれも食べたくなります。
一品をいくつか頼んで、締めに台湾ラーメンを食べることにしました。


そうなれば、飲みたくなるのは人情。


今日も30度超えの名古屋。
三男にハンドルキーパーを任せ、長男と私は生ビールを飲むことにしました。


すぐに料理が出てきます。
手羽先


小袋


いずれもピリ辛です。


アサリ炒め


アサリとにんにくの旨味が抜群です。


酢豚


チャーハンをシェアします。
胡椒が利いたピリ辛味で実に旨い。


テーブルの上は賑やかです。


ニンニク芽


さほど大きくない一皿を5人で分けるので、まだまだ食べられそうです。
となれば、ドリンクもお代わりです。


ピータン


名物の腸詰(香腸)
五香粉の風味が食欲を刺激します。


五目焼そば


どの料理もしっかりとニンニクが利いています。
ビールのツマミに最高です。


締めはもちろん懐かしい台湾ラーメン


最近はアメリカンという辛さ控えめのタイプもあるようですが、もちろんオリジナルの激辛で。


その昔、今池味仙のご主人が、「台湾人が作ったから台湾ラーメン」と名付けたとか。
そういう意味では、台湾ラーメンという料理は台湾には存在せず、れっきとした「名古屋めし」。


もちろん完飲です。


最後に今池の味仙に行ったのは、東京に転勤した1987年ですから、もうかれこれ30年前。
あのころの雰囲気とは全く違いますが、味はまぎれもなく当時のもの。
若かった自分を思い出しました。




関連ランキング:台湾料理 | 矢場町駅上前津駅大須観音駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


味仙 矢場店台湾料理 / 矢場町駅上前津駅大須観音駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5