2016年9月27日火曜日

残業帰りに寄り道して金町へ。常連さんが集う下町葛飾らしい居酒屋「大松」でホッピーと名物のだし巻玉子

仕事が終わったのは20時でした。
どこかで一杯飲んで帰ろうと、当ても無いままとりあえず新橋から電車に乗りました。
立石にしようか、船橋にしようか、はたまた小岩にしようか、と考えていましたが、急に金町を思いつきました。
京成高砂駅で金町線に乗り換えて二駅。


寅さんで知られる柴又を通り、わずか2.5キロの路線は単線。
4両編成の電車がのんびりと走ります。


踏切を渡って、駅の南西へ。
車も通れない狭い路地をブラブラと。
「おんな酒場放浪記」で倉本康子さんも歩いた道。


居酒屋大松


カウンター席に案内されました。


ちょうど目の前には短冊がありました。


昔ながらの焼酎ハイボールがあるのが、下町らしい。


とりあえずホッピーを頼んでから、メニューを眺めます。


突き出しはナスのオランダ煮


魚への自信が伺えます。


本日のおすすめ。
新サンマ焼カマ焼が気になります。


牛すじ煮込みばくだんぬか漬けといったあたりも攻めてみたいところ。


名物のだし巻玉子
たまご好きの私の今日のお目当てはこれ。


このページなら自家製のあつあげ
そんなには食べられませんが、今日はどうやってメニューを攻略しようか、と一杯目を飲みながら組み立てを考えている時が一番楽しい。


結果オーダーしたのは、もちろん名物のだし巻玉子


小サイズもあるのですが、私は普通サイズでも十分一人で食べられます。


久しぶりの美しい玉子焼きを大人食い。
嬉しくて、激写しまくりました。


白だしを使った柔らかい仕上げは関西風で、大阪赴任時代を思い出しました。


秋の訪れを感じる新サンマ焼


もちろんハラワタ回りが一番旨いので、そこから攻めていきます。


サンマを綺麗に食べるのは得意。


お刺身のサービス盛合せは終わっていましたが、まぐろぶつならあるということで、単品でお願いしました。


ナカをお代りして、ホッピーは二杯目。


自慢するだけあって、鮮度のいい刺身。


地元の常連さんたちが集う、下町葛飾らしいお店。
物腰の柔らかいご主人の語り口も耳に心地よいもの。

もう一軒、近所のもつ焼きの名店ブウちゃんにハシゴをしたかったのですが、残業帰りでスタートが遅く、もう21時半。
明日も早いので帰ることにします。




関連ランキング:居酒屋 | 京成金町駅金町駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


大松居酒屋 / 京成金町駅金町駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.3