2016年9月9日金曜日

名古屋の郊外住宅地にある高評価とんかつ専門店。久しぶりの「あさくら」で選り抜きヒレとんかつ定食

お世話になった義父の四十九日で名古屋へ。
月日が経つのはあっという間です。
妻の実家からほど近いところにあるとんかつ専門店あさくらに久しぶりに来ました。


私は一度しか来たことがありませんが、妻や息子たちは何度もご馳走になっているお店。
食べログでもTOP1000に入る高評価です。


金曜日の夜、仕事が終わってから来名しました。
義母と、先に来名していた妻と長男、三男と待ち合わせて5人で訪問。
既に19時を回っていて、売り切れのメニューもあります。
厨房はご主人が一人で切り盛りしているため、出てくるまで時間がかかり、回転率は良くありません。
「40分以上はお待ちいただくことになると思います」
と告げられましたが、それは覚悟の上。
人気のロースは後三人前、ヒレは二人前だというので、それを皆で注文しました。


きまぐれメニューという自家製ミンチの串揚げ青じそ風味もオーダー。


席に案内された時には、お店に来てから45分が経っていました。
二つある小上がり席の一つへ案内されました。
以前連れて来てもらった時は、もう一つの席でした。
人間の記憶は意外と蘇るものです。
私は生ビールで喉を潤します。
亡き義父もお酒が好きで、その時はランチでしたが一緒に飲んだことを思い出しました。


食事の支度が整えられます。
とんかつが揚がったようです。


お新香。


小鉢は切り干し大根。


私の頼んだひれかつです。


しっかりと叩いて処理をした肉を、薄めの衣でカラッと揚げています。


ご飯は大盛も頼めますが、普通にしてもらいました。


味噌汁は好物の赤出汁。


美味しそうです。


自家製ミンチの串揚げ青じそ風味も出てきました。


当店使用のロース肉を挽き肉にして青じそを練り込んで串揚げにさたもの。
みぞれだれを付けて頂きます。


ひれかつはちょうど余熱で中まで火が通る程度の絶妙のレア加減。


もちろんオン・ザ・ライス。
柔らかく淡白な味が上品。


妻のロースも一つ分けてもらいました。


これももちろんオン・ザ・ライス。
脂ののった柔らかさは、さすがにロース。


錦松梅風の自家製カツオのふりかけ。


岩塩でも頂きました。
肉と衣の旨味がダイレクトに伝わってきます。


デザート。
熱い緑茶とアイスクリーム。


ゆずのアイスで口はさっぱり。


お店を出ると売り切れ終了の表示。


義父が無くなって早一月半。
美味しそうにとんかつを食べてビールを飲んでいた姿が蘇った晩ご飯でした。




関連ランキング:とんかつ | 相生山駅神沢駅鳴子北駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村