2016年10月10日月曜日

久しぶりのバイクツーリングで銚子へ② 銚子に来たら「さのや 今川焼店」。焼き立てを頬張ってからの飯沼観音参りが定番

銚子に来ると、必ず立ち寄る店があります。
今川焼のさのや
飯沼観音の裏手にあり、袋小路になっている道の突き当り。


店先で対面販売するだけでなく、店内でイートインもできるお店です。


デコラ張りのテーブルに腰掛け、セルフサービスでポットから熱いお茶を注ぎます。


今川焼きは、一つ140円。
ちょっと高いような気がしますが、かなり大きく、そして餡がみっしり入っているのでコスパは悪くありません。


見ていて飽きない、お母さんたちの手慣れた職人技。


白と黒の餡を3個ずつお土産で頼み、黒を一つお店で頂くことにしました。


巨大で厚みのある今川焼。


中にはみっしりと餡が詰まっています。


これだけの餡を詰めて、尚しっかり包み込んでいる皮の固さも魅力。

お土産を受け取り、バイクのトランクに入れてから店の前の階段を上がります。
そこが飯沼観音


飯沼観音の圓福寺は、坂東三十三ヵ所観音霊場第二十七番札所です。
境内には、本尊・十一面観音を安置する観音堂(本堂)や五重塔があります。


弘仁年間(810年~824年)に東国を巡っていた弘法大師が開眼したと伝えられています。
毎月18日は縁日が行われ、銚子の繁華街や商店街は、飯沼観音を中心に形成され門前町として繁栄してきました。
さのやの前も、さぞ賑わっていたことでしょう。


境内で日向ぼっこをする猫がいました。
今日は、一気に気温が下がって、急に秋が訪れました。
猫たちも、冬の備えを急がなければならないでしょう。





関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 観音駅本銚子駅仲ノ町駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村