2016年10月27日木曜日

下町の良さが残る都心、人形町をハシゴ② 活気ある薩摩郷土料理のダイニングバー「焼酎処さつま」。名物さつま揚げとチキン南蛮を佐藤の黒で

人形町の二軒目は焼酎ダイニングバー。
フレンチレストランの二階にある焼酎処さつま


佐藤の大きな暖簾が目印です。


ダイニングバーだけに落ち着いた雰囲気ですが、焼酎メインの薩摩郷土料理を供する店だけあって、そこはカジュアル。
若い人たちで満席、大いに賑わっています。


びっしりと並んだボトルはもちろん焼酎。


我々もボトルを頼むことにしました。
もちろん佐藤の黒
私はロックにチェイサー。


二軒目から合流したTさんを交えて乾杯です。


突き出し。


いの一番で頼んだ馬刺しは本日売り切れ。
案内役のS君は愕然としています。
「しまった!予約の時に取り置きを頼んでおけば良かった」
私も彼から馬刺しが美味しいことを聞いていたので残念。
そこでしめ鯖を注文。


浅締めで鯖の旨味が生きています。


銀杏
そういえば、旬でした。
忙しさに追われて、季節の感覚が無くなっています。
大阪時代なら、イチョウの葉の色づきで気がついていたはずです。


先達のS君が名物料理をどんどん注文していきます。
鹿児島産薩摩鶏のチキン南蛮


ジューシーな鶏肉、サクサクの衣、そして甘味のあるタルタルソースが抜群のコラボ。


これも名物の自家製さつま揚げ


大ぶりで厚みのあるさつま揚げ。
密度の高いすり身は味も濃厚。
おろし生姜と一緒に口に含んで芋焼酎を舐めれば、合わない訳がありません。
地の料理に地の酒、とはよく言ったもの。


4人揃って会話も一段と賑やかになりました。
回りも賑やかなので、私たちのボリュームも上がりがち。
ポテサラをオーダー。


新サンマの塩焼きも頼みました。
やっぱり季節のものは、旬が一番。
今日はランチでも食べましたが、一日二回でも全く平気。


「今日は三軒案内します」
と張り切っていたS君の仕切りで、その三軒目へと向かいます。




関連ランキング:居酒屋 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


焼酎処さつま居酒屋 / 人形町駅水天宮前駅浜町駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5