2016年11月10日木曜日

ランチは、隣の店と間違えて飛び込んだ「香港料理居酒屋 味仙 虎ノ門店」で鶏肉の四川風炒め定食

今日のランチは同僚に辛くて旨い中華料理の店を紹介しようと虎ノ門の天然居へ。
ところが席に座ってメニューを眺めると、なんだか雰囲気が違います。
よくよく見ると、お店の名前が違いっています。
私が飛び込んだのは香港料理居酒屋 味仙 虎ノ門店
外観がそっくりで間違えてしまったのです。
しかも店内の広さやレイアウト、雰囲気もそっくり。
とはいえ、12時半でもそこそこ満員ですから悪くは無いでしょう。


私が頼んだのは鶏肉の四川風炒め定食
口が辛いものを欲していたのです。


かなりのボリューム。


ご飯も多いです。


スープとザーサイ付き。


もちろん中華料理と言えばオン・ザ・ライス。


しかしこの店のボリュームは半端ありません。
デフォルトの大盛りご飯も足りなくなる、ライスコントロール難度の高いおかずの絶対量。


「食べ物を粗末にしてはいけない」
と育てられた私は、なんとか残さずに食べきって、デザートの杏仁豆腐に辿り着きました。


表に出て、改めて店構えを見ると、隣の天然居とそっくりです。


日替りの陳列方法まで。


虎ノ門はこの手の中華料理店が多く、全体像を把握するにはかなりの時間がかかりそうです。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村