2016年12月26日月曜日

会社帰りにお気に入りの「三六 八重洲店」で旨いもつ焼きを三冷ホッピーで流し込む

今日は比較的早く仕事が終わりました。
19時に八重洲。
晩ご飯を兼ねて一杯飲んで帰ろうかと八重洲地下街へ。
もつ焼き 煮込み 三六(みろく)


満席で振られることも多いのですが、今日はカウンターに空席がありました。
まずはホッピーから。
ここはシャリシャリの氷結焼酎を使っていますので、ホッピーが薄くなりません。
グラスもホッピーも冷えている、いわゆる「三冷」スタイル。


突き出しはスープ。


ホッピーで喉を潤したところで、メニューを眺め、組み立てを考えます。


名物のどて煮込みは一人では多いのですが、ハーフにしてくれるのが嬉しい。


焼き物も一本ずつオーダーが可能。
ミニマム二本の縛りはありますが、それ以上頼むので問題ありません。
今日はたんのどぶえからスタート。


いい立ち上がりです。


ざく切りキャベツを頼みました。
野菜は必要です。
塩昆布とゴマがアクセント。
つくづく塩昆布は万能の食材だな、と感心します。


どて煮込みには七味を振っていただきます。


ホッピーはナカをお代わり。


更にもつ焼きを頼みます。
こめかみがつを塩で。


高速バスの発車時間を睨みながら、もう一杯。
ハイボールにしました。


はらみの塩。


しろのタレで締め。


今日は6本。


お会計は3,000円ちょっと。
ターミナルの地下街の店には珍しく、安くて美味しくてサービスもいいので、お気に入り。
実に使い勝手のいいお店です。





関連ランキング:もつ焼き | 京橋駅東京駅日本橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村