2017年1月6日金曜日

誕生日に大好きなセンベロタウン立石でハシゴ酒② 閉店間際の「宇ち多”」で梅割りを舐めながらもつ焼きを。伝法な接客も心地良い

ミツワを出ると、宇ち多”の行列が消えています。
もう閉店でしょうか。
中を除くと、手招きしてくれました。
まだ入れるようです。


こんな時間ですから、あるものは限られています。
「何がありますか?」
「煮込みはもう終わったよ。ガツとレバとシロ。あとは大根」
と相変わらず二代目の伝法な接客。
でも、それがこの町の、そしてこの店の良さでもあります。
梅割りでいい?」
「はい。それと大根をお酢かけで生姜のっけて。それからレバシロタレで」
最初の難関であるオーダーを無事に済ませ、ホッと一息。

瞬く間に一升瓶と梅エキスを持って再び私の前に現れた二代目は、曲芸のように一升瓶から焼酎を注ぎます。
日本酒のようにしっかりと溢してくれるのが嬉しい。


大根のお新香がまず出てきました。


レバタレシロタレも。


懐かしい立石の名店に二年ぶりの訪問です。


焦げ目がまた旨そう。


焼酎が少し減ったところで、皿に溢れた焼酎をコップに戻します。


レバの焼き加減も絶妙です。
昔は生でも頼めたのが残念でなりません。


シロはよく焼きで頼めば良かったと後悔。
シロはカリカリな方が好きなのです。


梅割りをもう一杯。
もう閉店となり、後から来たお客さんは断っています。
この店に空席が出来るのはこの時間だけ。


お会計は1,000円。
ちょっとホッピーが飲みたくなりました。
河岸を変えて、北口へ行ってみます。





関連ランキング:もつ焼き | 京成立石駅青砥駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村