2017年1月19日木曜日

どうしても美味しいカツ丼が食べたくて、日本橋室町の老舗蕎麦屋「利久庵」の暖簾をくぐる

先週から猛烈にカツ丼が食べたくなっています。
それだけなら、立ち食い蕎麦屋でもいいのですが、きちんと座って美味しく食べたい気分。
かといってとんかつの名店で2,000円近いカツ丼を食べたいわけではありません。
悩んだ挙句、老舗の蕎麦屋でカツ丼を食べようという結論に至りました。


日本橋室町の裏通りにある利久庵
昭和27年創業の老舗ですが、再開発の進む日本橋界隈の御多分に漏れず、往時の面影はありません。


一階席に案内されました。


老舗とはいえ、もりそば680円からの大衆価格。
カツ丼は上なら1,650円と値が張りますが、並なら1,150円。
私が食べたかったカツ丼は、この辺りなのです。
納豆そばが名物ですが、今日はカツ丼一本に絞ります。


宴会需要も多いお店なので、当然蕎麦屋飲みのつまみも充実のラインナップ。


また別の日に飲みに来ましょう。


ゆるりとお茶を飲んでいると、新年会なのか、予約のお客さんが、次々と別のフロアへと吸い込まれていきます。


お新香が出てきました。


丼とお椀も到着。
蓋がある器で出てくる程度の贅沢はしたかったので、期待通りの展開です。


蓋を取って、全体を再確認。


全体を綴じている粗めに溶かれた半熟の卵に期待が高まります。


大衆的料理が程よく上品にアレンジされた、こんなカツ丼が食べたかったのです。


お吸い物も美しい。
一口つけたら、猫舌の私はヤケドする程の熱さ。
もちろんそれは良い事です。


粗めに溶かれた卵の白身部分がいい感じの生。


そこそこにボリュームがあるのも嬉しい。
とはいえ、ランチも多かったので後半はかなり苦しい状況となりました。


大満足のカツ丼。
しかし、これ一食では収まりそうにありません。
ラーメン好きの私ですが、しばらくはカツ丼を攻めることになりそうです。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村