2017年1月27日金曜日

気になっていた虎ノ門の昭和下町中華「三陽」にチェックイン。ミニギョーザ+半ライス+もやしそばのランチは旨かったけど多過ぎた

虎ノ門の焼鳥通りにある昭和な雰囲気の下町中華三陽


店構えが私好みな上に、豊富な組み合わせメニューがずっと気になっていました。


店内も実に昭和レトロな雰囲気。
厨房の店員さんたちは私よりも年上のようですが、とても明るくて元気。
「いらっしゃいませ!」
と大きな声でお出迎え。


奥のテーブル席へ。


豊富なメニュー群。
とても選びきれません。


ランチのおすすめメニューからセットものを選ぶことにしました。
ホール係の中国人のお姉さんの日本語が上手く厨房に通じないのはご愛敬。


セットメニューで一番高いミニギョーザ+半ライス+もやしそばにしました。
表の看板に「ラーメン 餃子」と謳われている以上、両方頼まないわけにはいかないからです。


あんかけになっています。
これは想定外。


まずはスープを一口。
醤油ベースの味は、素朴で、どこか懐かしい。


猫舌の私はあんかけには要注意です。
しっかりと冷まして、恐る恐る口に運びます。
おっちょこちょいなので、シャツに飛ばないようにも気を遣わなければなりません。


半ライスといいながら、ご飯の盛りは十分大きい。


ミニギョーザは3個。
別皿は出てこないので、ここで醤油とお酢とラー油を調合します。


餃子はもちろんオン・ザ・ライス。


ラーメンも、もちろんオン・ザ・ライス。


なかなか冷めないもやしそば。
寒い冬にはありがたいのですが、私は悪戦苦闘。


ラーメンライスにすることで、少し熱を逃がそうという作戦で進めます。


なんとか寄り切りましたが、やはり私には多過ぎました。
正月に立てた「腹八分目」の計は、一か月を経過し、既に何度も守ることが出来ていません。
自らに猛省を促したいと思います。




関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村