2017年2月23日木曜日

霞が関ビルにランチ初遠征。サラリーマンで賑わう地下のレストラン街で単品勝負の「新橋チャーハン王 肉Bar 霞が関店」にトライ

今日は最高気温が20℃の予報だというので、ちょっと遠出のランチにしようと同僚を誘って霞が関ビルへ。
ところが天気予報と全く違ってコートがいるほどの冷え込みで、震えながら早足で向かうことになりました。


複数のお店をターゲットにして来ましたが、その中でも比較的行列の短いお店をチョイス。


新橋チャーハン王 肉Bar 霞が関店


ランチメニューはチャーハンのみという割り切りの単品勝負。
極上チャーハンと濃厚鶏スープ


7、8分待って店内へ。
餃子のオプションはありますが、もちろん注文はチャーハンで。
程なく出てきます。


想定よりは普通サイズのチャーハン。
虎ノ門のデフォルト大盛に慣れた私には、ちょっと小さく感じます。


「濃厚鶏スープを味わいながら、チャーハンと交互に食べるべし」というのがお店の推奨です。


チャーハン専門店だけあって、さすがにパラパラとした食感は良好。


私の大好きなたまごもしっかりと入っています。


「中盤から特製酢醤油を加えるべし」というのも、これまたお店の推奨です。


やや油の多いチャーハンを食べ進むのは、単調なだけに、これは確かに効果がありました。


ランチタイムにチャーハン単品勝負とは相当な割り切り。
それでも行列が出来るのは、霞が関の厳しランチ事情だからでしょうか。
通りを挟んだ反対側の私のオフィスがある虎ノ門は、こうして見ると実にランチ天国です。




関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅霞ケ関駅国会議事堂前駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村