2017年2月3日金曜日

金曜日に息子と待ち合わせて地元でサシ飲み。勝田台「菊富士2号店」で旨い刺身をホッピーで流し込む

今日は仕事が出先で終わって直帰となりました。
妻が帰省中とあって、家に帰っても晩ご飯はありません。
長男を呼び出して地元の居酒屋で飲むことにしました。
勝田台の菊富士2号店


地元紳士の社交場。
今日は私よりもご高齢の方で賑わっていました。


もちろんホッピーから。
この店は三冷スタイルなので、氷無しの正統派。
欲を言えば、グラスがキンキンに冷えていると嬉しい。


息子は生ビール
乾杯です。


今日のランチがヘビーだったので、あまりお腹が空いていません。
刺身がいいかな、と本日のおすすめに目をやります。


厨房前のネタケースを覗きます。
ネタはいずれも活きが良いのがわかります。
俄然食欲が湧いてきました。


 息子の好物、鮟肝


私の大好物、鯨の刺身


今日の仕入れはナガスクジラ。
こんなに美しい鯨肉は、なかなか出回りません。
これで600円はコスパ良し。


生姜と大蒜で。
旨い!


もう一つ気になっていた寒ぶり刺身


この時期ならではです。
脂がのって、身の引き締まった寒ぶりが550円。
チェーン居酒屋など、バカバカしくて行けません。


二杯目は黒ホッピーにチェンジ。


息子が鰻の肝焼きをリクエスト。
それは私も望むところ。


ししゃもも。
つまみの趣味が合うのは、やはり親子だからでしょうか。


金曜日という開放感もあって、お酒のピッチが早いようです。
息子との腹を割った会話も楽しいからでしょう。
この店名物の焼酎ハイボールに切り替えます。


梅エキスが入ったハイボールは、ほのかな茶色。
戦後の混乱期にウイスキーの代用飲料として始まった下町ドリンクです。
最近では置いている店が少なくなりました。
これも基本は氷無しのスタイル。


串焼きを頼みました。
3本がミニマムの注文単位。


は塩で。


つくねレバはタレで。


 「海老フライが食べたいな」
という息子のリクエスト。
こんなものを居酒屋で食べたいというところが、まだ幼いと思ってしまいます。
とはいえ、プリプリした海老の身と、カリッとした衣のコントラストは、確かに酒に合います。


今日はアーリーチェックインだったので、まだまだ時間はあります。
もう一杯だけ、氷入りの氷ボール
これは下町スタイルではない、プレーン。


調子にのって短時間で飲みすぎました。
勝田台の駅は、まだ帰宅のラッシュ。
今日はぐっすり眠れそうです。




関連ランキング:居酒屋 | 勝田台駅東葉勝田台駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村