2017年2月4日土曜日

キタナシュラン認定の行列の鰻屋に久しぶりの訪問。印旛沼湖畔の「い志ばし」でうな重と肝焼き

北印旛沼の南に広がる干潟。
そののどかな田園を貫く国道464号線には、多くの鰻屋が並ぶことから「鰻街道」と私が勝手に名付けるエリアがあります。


いずれも人気の店ですが、とりわけ評判なのがい志ばし
陽気につられてバイクを転がして、7年ぶりの訪問です。


なんとも味わい深い建物。
キタナシュラン認定も肯けます。


暖簾をくぐると、そこには「裏に回り番号札をお取り下さい」とあります。
開店前から終日行列の店ですから、表からすんなり入ることはありません。


裏口へと回ります。
味わい深い看板。


ブランチで、と思って来たのですが既にかなりのウェイティング。
ちょっと出遅れました。
これはかなり待ちそうです。


厨房の勝手口でお店の人に声をかけて、番号札を受け取ります。


メニューを見るまでもなく、うな重に決定。


せっかくですから、奮発して肝焼きも頼みました。


地元産コシヒカリの新米を使用。


かつてお弁当をテイクアウトしたこともありますが、電話しておけば待たずに持ち帰れるので、それも悪くありません。


50分待ちで、ようやく案内されました。
表に回り、 暖簾を潜ります。


決して広くはないお店に多くのお客さんが押しかけるので、行列が出来るのもむべなるかな。


私は4人がけのテーブルにお二人連れの地元のご年配の方と相席になりました。


とっくに注文は終わっているので、この卓上のメニューに意味があるのか甚だ疑問です。


家族経営のアットホームなお店、と言いたいところですが、相変わらず厨房では小競り合い。
何をいくつ、出した、出さないといった類の話。
大量のお客をさばくために、長年のノウハウを蓄積したオペレーションのはずなのに、そのオペレーションが未だに徹底していないのでしょう。
まあ、これも見慣れた光景ですし、家族ですから本気ではないのでしょう。


着席してから程なくうな重が出てきました。
鰻屋はどこでもそうですが、見越しで焼く店以外は、焼くのに時間がかかるので、外で待つのか店で待つのかの違いに過ぎません。


お重とお椀の蓋を開けて、ご対面。


 肝焼きも到着。


贅沢な本日のランチ。


食欲をそそるヴィジュアル。
脂ののった鰻だと、見ただけでわかります。


肝吸い。


お新香。


山椒を振って。


肝焼きにも。


50分も待っただけに、もう待ち切れません。
大きめに鰻を箸で割いて、頬張ります。
旨い。


肝焼きもご飯に合わせて。
至福のひと時。


食べ進んでも、まだまだ減らない鰻が嬉しい。


残してあった肝吸いの肝にも着手。


中国産の養殖鰻ですが、肉厚で脂がのったもの。


完食です。


長い時間待った分、美味しさも増すのが鰻の不思議なところ。
3,030円は、サラリーマンとしては使い過ぎのランチですが、たまにはいいでしょう。
カツ丼ブーム真っ只中の私ですが、鰻丼ブームも到来しそうな予感です。




関連ランキング:うなぎ | 成田湯川駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村