2017年4月6日木曜日

ずっと気になっていた西新橋の四川料理「味覚」。二号店で名物の麻辣刀削麺

出向先の会社から新橋の本社に向かう途中の西新橋にあるお店です。
ランチも夜も繁盛している四川料理味覚
界隈に3店舗あり、こちらは二号店


四川系の辛い料理が好きな私は、同僚を誘って新規開拓。


なんと今週の土曜日にBSで放送されるとの告知。
来週以降更に混むのかもしれません。


日替わりが豊富で目移りします。
今日は木曜日。
豚肉とキクラゲ炒め麻辣鶏丁が気になります。


しかしここは初志貫徹。
かねてから決めていた名物の麻辣刀削麺で決まりです。
同僚は石鍋角煮丼を注文。


卓上には紙エプロン。
おっちょこちょいの私には絶対必要です。
まして刀削麺とあっては、汁の飛び跳ねのリスクは増大します。


7、8分ほど待ちました。


たっぷりの挽き肉が真ん中にのっています。
その向こうには豆苗。


まずはスープを一口。
まさに麻辣の名の通り、スープに浮かぶ唐辛子と花椒が凶暴な辛さを予感させますが、想像ほど辛くはありませんでした。
辛いもの好きの私には、意外と平気なレベル。


刀削麺は、噛み応えのある腰の強さ。
小麦の旨味もしっかりと感じます。
独特の不揃いな麺がスープを上手く引き上げてくれますが、スーツに飛び散らないように最新の注意が必要です。


挽き肉自体は辛くありません。
麺と絡めていただきます。


麺の量はそれなりに多く、しかも汁が飛び散らないように慎重に食べ進むため、結構時間がかかります。


スープも美味しいので、挽き肉や豆苗と一緒にゴクゴクと。


完食です。
残ったスープも、ご飯と一緒に食べたらきっと美味しいでしょう。


案の定、紙ナプキンには麻辣の汁が飛散していました。
「紙エプロンなかりせば」
と古文の一節のような言葉が脳裏に浮かびました。


日替わりも豊富なので、本店もトライしてみましょう。

味覚 二号店四川料理 / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.4





関連ランキング:四川料理 | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅