2016年8月6日土曜日

土曜日の船橋でハシゴ酒① 「炭焼Kitchen ばんから」の落ち着いた雰囲気で旨い焼鳥を摘む

猛暑が続きますが、まさに花火大会の季節。
今日は私の地元の印旛沼で佐倉市民花火大会が開催されます。
ちょっと飲みに行きたい気分でしたが、近隣の店は大混雑になるでしょう。
年に一度、この日だけごった返す最寄り駅から電車に乗って船橋へ。
別の町で飲もうと言う算段です。

京成船橋駅から5分ほど歩いたところにある焼鳥の人気店へ。


炭焼Kitchen ばんから


人気店ですが、今日は予約なしで入ることが出来ました。
やはり今日はあちこちで開催される花火大会に出かけている人が多いのでしょうか。
お店は靴を脱いで上がる方式。
船橋らしからぬ、というと怒られるかもしれませんが高級感、清潔感のある焼鳥店です。

とりあえず生ビールで喉を潤します。


じゃがいもの冷製ポタージュが突き出しで出てきます。


コースもありますが、好きなものを摘みたいのが私の性分。
生ビールを飲みながら展開を考えます。


一品も。


「野菜を摂らないと」
鶏みそキャベツを頼みました。
ホール係のお兄さんが
「一人前が大きいのでハーフサイズでいかがでしょうか」
と気を利かせてくれました。


味噌は唐辛子がピリ辛のアクセント。
小さな鶏肉が入っています。


こころから。


目の前のお皿は、左側がツルツルしていて、右側がザラザラしています。
塩は左、タレは右に置くのだそうです。


ふんわりと柔らかく、これがこころかと思うほど。
ネタも良く、焼き加減も絶妙なのでしょう。


レバーはタレで。


これも極レアでふんわり。
レバー本来の旨味が引き出されています。


すきみ


プリプリの食感が楽しい首肉です。


角ハイボールに切り替えました。


砂ずり


余分な皮をすべて落としているらしく、確かに他店の砂ずりとは食感が異なります。
これも焼き加減はレア。


もうワンラウンド行きましょう。


つくね


正に「旨い」の一言。


首皮は、鶏の皮でも一番美味しいところだそうです。


しっかり脂を落としたカリカリとした焼き加減。
その食感が実に美味。


締めにちょうちん


串を抜いて、肉の部分と一緒に一口でパクリと頂きます。


そうしないと、卵黄があたり一面に飛び散ってしまうからです。


7本お好みで食べて、3,000円ちょっと。
お値段は船橋価格で安心。


お会計を待つ間にお手洗いをお借りしました。
もちろんそこもとても綺麗でした。
さて、もう一軒。




関連ランキング:焼き鳥 | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


ばんから焼き鳥 / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5