2020年5月21日木曜日

緊急事態宣言下、今週唯一の出社日は運良くビリヤニの日。「ナンディニ 虎ノ門店」のテラス席でマトンビリヤニに大満足


非常事態宣言が続く首都圏。
今日は今週唯一の出社日です。
長引く在宅勤務で大好きな外食もままならず、かといって社会的責任を考えると軽率な行動は控えなければなりません。
今日は木曜日。
運良く、お気に入りの「ナンディニ虎ノ門店」のビリヤニの日です。


今日はマトンビリヤニという、これまた大好物。
お店のSNSでチェック済み。


ナンディニと言えばビュッフェも名物ですが、非常事態宣言を受けてしばらくお休み。
早く感染が収束して、再びここの美味しいビュッフェが食べられる日が来ることを願うばかりです。


11時半のアーリーチェックイン。
コロナ以前は既にほぼ満席だったことを考えれば、この閑散ぶりはお店にとっても大打撃でしょう。
もちろん、今週も換気の良いテラス席。


先週よりも更に進化し、各テーブルに除菌スプレーが置かれていました。


メニューは、内容は変わっていませんが、冊子形式からシンプルな一枚のラミネートになっていました。
メニュー自体へのウイルス付着を防ぐために、拭き取りやすくしたのでしょう。


オーダーはもちろんマトンビリヤニ
袋に入ったスプーンとフォーク、おしぼりがお水と一緒に供されます。
店長とご挨拶。


5分ほどしてマトンビリヤニが出てきました。


カレーとライタ。


デザート。


みかんが添えられていました。
フルーツは珍しい。


大きなマトンがゴロゴロ。


まずはそのままひと口。
追いかけてくるスパイシーさが堪らなく旨い。


カレーとライタを掛け回し、プレートの上に南インドの小宇宙を創造します。


これを自分好みに混ぜ合わせます。


これがビリヤニの醍醐味。


大きなマトンが、ビリヤニの中から、まだ出てきます。
もちろん残さず食べました。
すっかりお腹一杯。


店長が持ってきてくれた、サービスのチャイ。


デザートはジンジャーとタピオカのココナッツミルク。


お会計はいつものようにPayPayで。
店主に「頑張ってください!」
と声をかけました。
私が大好きなお店にできる、いつものささやかな応援です。




関連ランキング:インド料理 | 新橋駅虎ノ門駅内幸町駅

 
昼総合点★★★★ 4.0


2020年5月16日土曜日

篠崎の炭火焼魚弁当「鯖の助」で焼きたて「サバ弁当」を車中でモグモグ


今日はリモートワークで我が家に避難中の葛飾区で一人暮らしをしている三男のアパートに所用で出かけました。
その前に、京葉道路の篠崎インターを降りて数分の所にある持ち帰り弁当の専門店「鯖の助」で腹ごしらえ。
もくもくと上る煙ですぐわかるお店です。


行列の人気店ですが、あらかじめ予約の電話をしておけばスムーズに受け取れます。
到着20分ほど前に電話を入れておきました。


元々持ち帰り弁当の専門店ですから、新型コロナウイルス感染という飲食業界にとってアゲンストな状況にもかかわらず、追い風の業態かもしれません。
もちろん、除菌やソーシャルディスタンスへの配慮はしっかりされています。


どれも美味しそうなものばかりですが、私は初めてなのでド定番の「サバ弁当」にしました。
二度目だという三男と妻は、「特大サバ開き弁当」をシェアするというオーダー。


お店の脇から白煙がモクモク。
ご主人がここで魚や肉を焼いているのです。
ある意味バーべキュー状態。
都内23区とはいえ、周囲が空地で、目の前が国道という稀有な立地ならではのお店です。


屋台っぽい、というか屋台そのものお店の造りも魅力的。
トラック野郎やタクシー運転手にも人気の実力店。


約束していた時間通りに受け取ることができました。
ファミリー経営らしいアットホームな接客も嬉しい。


大雨の中、車中でお弁当を食べることにしました。
プラスチックのフードパックからはみ出す巨大な「特大サバ開き弁当」
これなら、確かに三男と妻の二人で分けるには十分です。
1,130円ですから、高CP。


私が頼んだ定番の「サバ弁当」も十分なボリューム。
これで700円。


「特大サバ開き」ほどではありませんが、一人で食べるには十分なジャンボサイズ。


お弁当の三分の二を占める白米。


付け合わせの一品は、カレー味のマカロニとお新香でした。


きんぴらごぼうがサバの頭の下に隠れていました。


肉厚のサバに箸を入れ、いつも通りオン・ザ・ライス。
脂ののったサバは、銚子漁港で水揚げされた急速冷凍のもの。
コスパに優れた仕入れです。


別皿に入っていたたっぷりの大根おろしに醤油を垂らし、脂ののったサバと、美味な白米と一緒に頬張れば、幸せいっぱい。


もちろん腹回りが一番旨いのは言うまでもありません。


さすがにご飯は残しましたが、実に大満足のランチ。
新型コロナウイルスで外食もままならない状況ですが、この値段でこのボリュームで、そして何よりこの旨さのお弁当は実に有難い。
ご近所にお住いの方が羨ましい限りです。





関連ランキング:弁当 | 篠崎駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5

2020年5月15日金曜日

今週唯一の出勤日に合わせて「ウーバーお父さん」は日本橋高島屋へ。自宅には崎陽軒のシウマイ、自分のランチは「関山」の「やわらか穴子ちらし」をテイクアウト


今日は今週唯一の出社日。
いつものように「ウーバーお父さん」のミッションを授かっての都内出勤です。
会社に行く前に、食品売場のパーシャル営業を再開した日本橋高島屋へ。
今日は残業が決まっているので、18時で閉店してしまう前に買い出しを済ませておく算段です。
まずは崎陽軒へ。
先日の大丸東京店では売り切れで買いそびれたシウマイですが、今日はありました。


30個入りを二箱。
冷凍も出来るので、妻の家事の負担軽減になります。


その足で今日の自分のランチを確保します。
お弁当売場で、関山やわらか穴子ちらしに目が留まりましたので、これに決定。


会社のある虎ノ門駅は、再開発で新しい出口が出来ていました。
そんなことも、毎日出勤しないと新鮮な驚きです。


セブンイレブンでお味噌汁とお茶を買って、デスクでランチ。


穴子は昔から大好物。
ご飯の上にミッシリとのったプレゼンスが嬉しい。


タレの照りも食欲をそそります。


早速ひと口。
甘辛い煮切りとやや固めの穴子が酢飯とナイスマリアージュ。


添えられていた山葵もオンして、頂きます。


「穴子の下に何かあるな」
と思って、めくってみるとそこには干瓢の甘辛煮と刻み海苔。
憎い演出です。


更なるサプライズは玉子焼き。
全面に敷き詰められた穴子に隠れていましたが、たまご好きの私には堪りません。


上品な見た目ですが、意外とボリュームもあり、食べ終わるとすっかり腹パンになりました。
さあ、午後の仕事も頑張りましょう。





関連ランキング:弁当 | 日本橋駅茅場町駅京橋駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.3