2020年2月18日火曜日

月例「下町はしご酒の会」御徒町編② ハードルの高い予約不可のお気に入り「やきとんま~ちゃん」に4人で入れた僥倖


0次会でエンジンを暖めたI君とともに、本日の一次会のお店へ。
JR御徒町駅ガード下の「味の笛」から昭和通りを渡って東へ。
下町の住宅街にある「やきとんま~ちゃん」
遅れて来たS君、Tさんともお店の前で合流します。


実にクオリティの高いもつ焼きを、コスパ良く食べられるお店ですが、カウンターと小さなテーブル席しかない小さなお店ですので、入店はタイミング次第。
4人では来たことがありません。


しかし、今日は焼きとんの女神が私たちに微笑んでくれました。
10分と待たずに入店です。
もちろんホッピー
でキマリです。


めでたく会の始まりを祝す乾杯。


案内役の私は、黒板のおすすめ料理からチョイスを勧めます。
メンバーはみんなもつ刺しが好きなので、黒板にある刺身を全て頼みます。


センマイ刺しコブクロ刺し牛シロ刺し
どれも、鮮度良く、もつの旨味がダイレクトに感じられます。
みんなが「美味しいね」と言ってくれるが嬉しい。


つまみ系からキャベツ味噌もやしナムル


名物のもつ煮込み煮込み玉子
しっかりと味が滲みて、実に美味。


私がおススメの焼メンチを頼みます。
メンチフライを焼いたこの店の名物料理。


ソースと味噌ダレの二種類でお願いしました。
いつも一人で来るので、焼メンチは多すぎて食べられないのですが、今日はしっかり堪能します。


そろそろメインの焼き物のオーダーを入れます。


かしらたんで。


しろあぶらタレで。
本当にここのもつ焼きは旨い。


希少なかしら
タレが旨い。


みんなが気に入った牛シロ刺しをリピート。


ウインナーおくらアスパラを仕上げに。


入店困難のお店にスムーズに入ることが出来、しかもメンバー皆も気に入ってくれて、幹事冥利に尽きる一軒目。
次なる店も、取って置きのところをご紹介しましょう。




関連ランキング:焼きとん | 仲御徒町駅御徒町駅新御徒町駅


月例「下町はしご酒の会」御徒町編① 0次会はJR御徒町駅ガード下の「味の笛」でスーパー吉池の総菜をつまみに暖機運転


今日は月例「下町はしご酒の会」
四人のレギュラーメンバーのうちの二人が仕事で遅れるというので、予定していた堀切菖蒲園を諦めて、交通の便の良い御徒町に会場を変更します。
私はひとり早く会社を出て、0次会。
JR御徒町駅ガード下の立ち飲み「味の笛」の暖簾をくぐります。
すぐ向かいにあるスーパー吉池が経営する立ち飲み屋。


吉池で売っているお刺身や総菜をつまみに一杯飲めるというシステムです。


ここは残念ながら私の好物のホッピーは無いので、タカラ焼酎ハイボールにします。


いわゆる下町ハイボール風のドリンク。
職場の宴会のようなプラスチックカップに注がれます。


つまみはマグロ刺身とタコ刺身の盛り合わせ
スーパーそのままのパックに入っているのが、なんとも味わい深くて私は好き。


いつもは空いている席を見つけるのが難しいこの店ですが、新型コロナウイルスのせいか、お客さんも少なめ。
カップル席という、立ち飲みなのに座れる貴重な席が空いていたので、そこに腰掛けてチビチビと始めます。


そこに会社を出たというI君からメッセージが入ります。
しばらくして合流した彼と、生ビールで乾杯。


ハートマークが妙に目立つカップル席に並んで座るオジサン二人は、他のお客さんたちからどう見えるのでしょう。


やがて更に遅れていたS君とTさんからも連絡が入ったので、生ビールを飲み干し、一次会の店に移動します。
私の大好きな店ですが、予約不可なので、並ぶしかありません。




関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅


レイトランチで新橋の新規開拓。環状2号に近い焼鳥「鳥松」の「三食丼」


新橋の本社で会議が終わってランチタイム。
12時半前と言うレイトランチの時間です。
虎ノ門の事務所に戻りがてら、久しぶりに新規開拓をしてみようとGoogleマップを開きます。
たくさんのブックマークから引っ張り出したのは、新橋駅からは少し離れた、環状2号に近い焼鳥「鳥松」


焼鳥丼がコスパが良くて美味しいというSNSの情報を仕入れていました。


ピークを過ぎているのか、スムーズにカウンター席に案内されました。


焼鳥丼きじ丼かな、と思っていましたが、三食丼というのが気になりました。
ホール係のお姉さんに訪ねると、玉子とそぼろときじの三種類だと言います。
焼鳥は次回にして、一気に三種類食べられる三食丼をオーダーします。


きじやきは仕込み済みなのか、注文を受けてから焼く焼鳥丼よりは出てくるのが早いようです。


たまごも焼鳥も大好きな私は、この彩りだけで胃酸が分泌されてきます。


小鉢がポテトサラダというのは、ちょっと意外。
なんだか居酒屋の突き出しのようです。


お新香と鳥スープ付き。


味噌汁ではないところが、ポイント高し。


たまごはそぼろ状の炒り玉子を想定していたので、フワッとしたオムレツ状のたまごにも驚きました。
黄身と白身の粗い混ざり具合も、半熟加減も実にナイス。


そもそもそぼろが大好物な上に、きじやきも好きなので、この丼を選んで正解でした。


きじやきもたっぷりのっています。


お箸とは別にスプーンが出てくるのが、嬉しい心遣い。
タレの味は、さほど濃くなく、肉の味がよくわかります。
これはなかなか旨い。


フワトロの玉子ときじやき、そぼろをそれぞれ組み合わせながら味を確かめます。


少しパンチが欲しかったので、卓上の山椒と唐辛子をオン。


引き締まった味になりました。


やはり普通盛ではご飯が多かったようです。
私の隣では、焼鳥丼の大盛を食べている人がいます。
大盛は無料サービスなのですが、それは私には多そうです。


それでも美味しかったので、完食。
850円というコスパの良いお会計を済ませて店を出ます。
虎ノ門まで早歩きで、カロリーを燃焼させましょう。





関連ランキング:焼き鳥 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.4