2018年7月13日金曜日

昔ながらの昭和レトロな町のお寿司屋さん「蛇の目寿司 西新橋店」でちらし寿司ランチ

タイ料理のバンセーンアロイチンチン 西新橋店とインド料理のナンディニ 虎ノ門店に通い始めて以来、西新橋方面のランチ開拓が進んでいます。
今日はそんな中から一軒、新規開拓です。
海鮮系が食べたくで、お寿司屋さんにロックオン。
虎ノ門エリアでは手薄なジャンルです。
目を付けたのは、西新橋の蛇の目寿司
行列の人気店、肉そば ごんの並びです。


昭和レトロな店構え。


暖簾を潜ると、外観以上のタイムスリップ感。
家族経営のお店ですが、カウンターの中は雇いと思われるベテラン寿司職人です。


電車のボックスシートのようなテーブル席とカウンター。
内装は、まさに「ザ・昭和」
店内の細かい装飾に「蛇の目寿司」と店名が彫り込まれていたり、名前入りの贈答品の立派な柱時計があったりと、歴史を感じる店内です。


やはり店名入りの大きな湯飲みに入ったお茶を飲みながら、メニューを品定め。


注文したのは上ちらし(1,300円)
ちょっと奮発しました。


出てきた上ちらしは、今どきのインスタ映え狙いなどに媚びることの全くない、昔ながらの盛り付け。
丸いお重の寿司飯の上をみっしりと覆う寿司ネタはバラエティ豊か。


ガリは別添え。


お吸い物。


山葵醤油をかけまわして、頂きます。


好物の玉子焼きは、江戸前寿司らしい甘いもの。


刺身の下には細かい刻み海苔が敷き詰められていて、甘辛いタレが滲みています。
山葵醤油は、あまりかけなくても良かったかも。


シャリは少なめなので、ちょっと物足りませんでしたが、いつも食べ過ぎなので、これ位がいいでしょう。


丁寧に見送られてお店を出ると、そこは再開発の槌音が響く平成末期の虎ノ門でした。




関連ランキング:寿司 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

蛇の目寿司 西新橋店寿司 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.2

2018年7月12日木曜日

会社帰りに昭和なパスタカフェで晩ご飯。八重洲地下街「CHAYA」で、きのことベーコンの和風ソース大盛と生ビール

ずっと気になっていた八重洲地下街の中央通り側出口の近くにある、昭和レトロなパスタ屋チャヤ 八重洲店
スタンドスタイルのお店は有楽町のジャポネや丸の内のリトル小岩井、新橋のむさしやに通じるロメスパの雰囲気です。
日本橋OLなのか、意外と女子お一人様が来ているのもチェック済みで、期待値は高め。
なんといっても長年この場所で商売が続けられるということは、somethingがあるということです。


晩ご飯時は、コの字カウンターの席が自由に選べる程度の混み具合。
ホール係の女性から注文を聞かれますが、種類が多過ぎて、しばらくメニューとにらめっこ。


悩んだ末にきのことベーコンの和風ソース大盛でチョイス。
もちろん生ビールもオーダー。
ジョッキを想像していたので、グラスだったのはちょっと残念でした。


オープンキッチンは眺めているだけでビールのおつまみになります。
中年男性二人の連係プレーは軽快。
一人がフライパンで具材を炒めて、鍋ごと隣へパス。そこへもう一人が茹で上がった生パスタを投入し、さっと煽ってお皿に入れて出来上がり。
混み合うランチタイムなどは、かなり効率が良さそうです。


大盛100円増しですが、一般的なロメスパ店の普通盛か、やや少ない程度。


たっぷりのきのことベーコン。


生パスタなので、ツルモチっとした食感は、ラードで炒めるロメスパとは一線を画するもの。
悩んだ末の和風ソースも懐かしい味わいで、トータルバランスとコスパに優れています。


気軽にさっと食べられてサラダも別注可能な上に、いい意味でお客にあまり構わないお店の雰囲気が、手軽に食べたい時の女子お一人様のニーズに合うのでしょう。


いつもヤエチカに来ると、エリックサウスの南インド料理か、三六のもつ焼きに行くのですが、これで選択肢が増えました。
次の高速バスまでちょっと時間があるので、パブで一杯飲んで帰ります。




関連ランキング:パスタ | 京橋駅東京駅宝町駅

チャヤ 八重洲店パスタ / 京橋駅東京駅宝町駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.3

メニュー全クリを目指すThursday Thailand⑪ 「バンセーン アロイチンチン 西新橋店」でクウェティオヌア

今日のランチはタイ料理。
毎週月曜日はタイ料理と決めて通っているバンセーン アロイチンチン 西新橋店ですが、先週訪問できず今週も月曜日行けなかったので、随分間隔が空きました。


タイといえば、洞窟に閉じ込められた少年たちが全員無事救出されるという喜ばしい出来事があったばかり。
心なしか、タイ人の店員さんたちは嬉しそうに見えます。
今日は麺部門からカオソーイ
チェンマイのカレーラーメンです。


揚げた中華麺と高菜、紫タマネギ、もやしがたっぷりのってボリューム満点。


サイドディッシュでミニチャーハンも選べますが、ミニサラダが定着しました。
自分を褒めてあげたい。


デフォルトでパクチーはのっていますが、パクチー好きの私は更にパクチートッピング。
目にも美しい彩りです。


レモンを絞って頂きます。


その前に紙エプロンをもらって付けます。
おっちょこちょいの私には必須のアイテム。
月曜日のビリヤニ事件を忘れてはいけません。


麺はセンレック。
ベトナムのフォーのような平打ちの米麺です。
カレーラーメンといっても、レッドカレーのようなココナッツミルクが勝る甘めのカレー。


大きなチキンがゴロリと。


卓上の調味料をオンして得意の辛さマシ。
そういえば、今までは調味料に名前が書いてありませんでしたが、久しぶりに来たらテプラが貼ってありました。


あんまりスープが美味しいので、ついゴクゴクと飲み干し。
紙エプロンがあるお店なので、シャツは無事でしたが、紙エプロンにはしっかりカレースープが飛んでいました。


デザートのタピオカココナッツミルクは相当甘めの味付け。
しっかりと辛かった口が、最後は甘くなりました。


メニュー全クリも次第にゴールが見えてきたので、順調にいけば、8月初めにはゴールインの見込みです。
(進行率11/15=73.3%)





関連ランキング:タイ料理 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

2018年7月11日水曜日

レイトランチで路地裏のスペインバルへ。虎ノ門「バルタパス」の新メニュー「欧風チキンカレー」

打ち合わせが長引いて12時半になりました。
部下女子とレイトランチのふたり飯。
女子好みの店が良いかな、と外堀通りの路地裏にあるスペインバル、バルタパスに足を向けました。


美味しいおつまみとリーズナブルなワインが楽しめるダイニングバーですが、ランチの洋食メニューもなかなか美味。


今日は新メニューという欧風チキンカレーを頼みました。


サラダ付きというのも女子好みですが、野菜不足のオジサンにも有難い。


チキンカレーは想像以上に大きな器に山盛りで出てきました。
やはりデフォルト大盛の「虎ノ門ルール」を踏襲しています。


大きなチキンがゴロゴロと入っているのがわかります。


ライスの上にはフライドオニオン。


欧風カレーなので、辛くはありません。
どちらかといえばマイルドなスパイシーさです。
大きなチキンは柔らかく煮込まれていて、量も多いので食べ応えあり。


なによりライスが多いので後半苦しくなりましたが、お味はグッド。


生卵をトッピングしたい衝動にかられましたが、さすがにそれは無いだろうと我慢。
一緒に行った女子が頼んだポークソテーもボリューミー。
美味しかったと言っておりました。
今度、久しぶりに夜に来てみようかな。