2018年5月19日土曜日

サタデーランチで地元の町中華を新規開拓。JR佐倉駅前の広東料理「福来軒」で名物ジャンボ餃子と肉味噌そば

今日は土曜日。
ランチは外食しようということになり、妻と二人で買い物を兼ねて出かけました。
JR佐倉駅そばにある広東料理福来軒
妻の友人の勧めで、地元ながらも未訪問の町中華です。


それなりに歴史があるようですが、見落としていたお店です。


13時過ぎとあって、ピークは過ぎたようです。
先客は二組。


手作りジャンボ餃子が名物だそう。


雰囲気は家族経営の町中華ですが、料理のラインナップは一品も充実した本格的なもの。
夜の使い勝手も良さそうです。
サービスメニューというのは、ランチ向けの料理でしょうか。


麺類のページには手書きで「野菜いっぱい」とあります。
所々に赤い字で注釈がありますが、そんなメニューも手作り感があってほのぼのとします。
それよりなにより、相当な種類です。


そして名物のジャンボ餃子一皿2個190円
これは一人1個で十分らしいので、それとは別にラーメンをそれぞれ頼むことにしました。


妻が頼んだのはラーサイメン
醤油ベースの辛いラーメンです。


私は写真付きでメニューにのっていた肉味噌そば(独特味噌味)を頼みました。


確かに野菜たっぷりです。


スープをひと口。
あまり濃すぎない味噌味は、合わせ味噌を使った味噌汁的な味わい。
確かに一般的な味噌ラーメンとは異なるので、「独特味噌味」という言い方も、なるほどと思います。


野菜も多いですが、豚肉もたっぷり。
麺もかなりの量なので、これで700円は安い。


麺は中太。
軽いウェーブがあるタイプ。


ひと口啜ってから唐辛子をかけ忘れていたことを思い出しました。
味噌ラーメンには唐辛子が合うのです。


半分食べても、まだこの量です。


そこへジャンボ餃子が出てきました。
確かにデカい!


サイズがわかるように割りばしとコップを添えてみました。
銀座天龍もびっくりのサイズです。


もちろん一口では到底食べらません。


中の餡も当然ながらすごい量。
皮が餡の質量を支えきれない感じです。


もっちりした皮。
一部固いところがあったので、水が足りなかったのかもしれません。
生姜が入った餡の味がユニークです。


揚げゴマ団子のデザート付き。


餃子もジャンボ、ラーメンもボリューム満点でお腹いっぱい。
餃子は名物の割にはちょっと、という感じでしたがラーメンは町中華らしい味だったので、違う種類を食べてみたいと思いました。
隣のテーブルの人が食べていた焼きそばも美味しそうでした。
お会計は、車いすに座った90代かもしれないおばあさん。
厨房は息子さんでしょう。
ホール係はお孫さんなのかアルバイトなのか、高校生の女の子が二人。
アットホームな雰囲気ですが、やはりここも深刻な後継者問題があるなと感じました。




関連ランキング:広東料理 | 佐倉駅

福来軒広東料理 / 佐倉駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.1