2021年10月9日土曜日

長かった緊急事態宣言を挟んで、もつ焼きと昼酒の解禁は船橋 「寅屋 本町店」で。1ヶ月の断酒明けの身体にホッピーが染み渡る


本当に長い長い緊急事態宣言でした。
今年はほとんど「禁酒法」に縛られた暗黒時代。
在宅続きで家飲みも増えて、体重も増えてしまいました。
そこで、憎き「緊急事態宣言」を逆手に取って人生初の「断酒」にチャレンジ。
365日飲んでいた私が、意外と簡単にお酒をやめられた「炭酸水置き換え禁酒」。
緊急事態宣言解除から10日近く経ちましたが、ちょうど昨日で1ヶ月の断酒を達成。
頑張った自分への今日のご褒美は、「寅屋 本町店」のもつ焼きとホッピーと決めていたのです。
ここの旨いボイルを食べたくて、15時オープンの30分前にスタンバイ。
既に10人待ちですが、一回転目の入店はなんとかゲットしました。


開店前に店員さんがドリンクの注文を聞いて回ります。
前回開店前に並んだ時には無かった新しいオペレーション。
開店直後の混乱を避けるための工夫です。


長男がお供で付いてきました。
1ヶ月ぶりにお酒を飲んで私が倒れた時の介助役というわけです。


まずは赤星で喉を潤します。


料理も一組二皿ずつ注文を聞かれます。
かなりこなれたオペレーション。


まずはボイルを二品。
どうしても食べたかったレバボイル


生で食べられなくなった今、いかに生レバの旨さを再現するかが店の腕の見せ所。
ここのレバボイルは実にレベルが高い調理で、生とは違った旨さを引き出しています。
ゴマ油と塩の味付けともマッチ。
断酒明けのアルコールの旨さと相まって、思わず天を仰いでしまいます。


私は赤星を二杯飲んだ後、黒ホッピーにチェンジ。


冷えたジョッキに冷えたキンミヤ。
そこに冷えたホッピーを注いで作る理想の三冷スタイル。
またまた唸ってしまいます。


ハツボイルも出てきました。


ワサビと迷いましたが、お酢かけで頼みました。
プリプリコリコリとした食感が最高。


あまりにレバボイルが美味しかったのか、二巡目のオーダーで息子がお代わりを所望。


二巡目のもう一品は煮込みです。


コブクロ刺しも長男の希望ですが、私も好物。


一人ならこんなに色々食べられません。
一人酒が好きな私ですが、今日は二人で来て正解。


焼き物に切り替えます。
三巡目のオーダーはカシラハラミで。


寅屋のもつは、仕入れも処理も焼き加減も抜群。
肉厚かつ旨味のあるジューシーなもつ焼きです。


ホッピーの次は天羽ハイボール


いわゆる下町ハイボール
そういえば、コロナ禍になってから、会社帰りの下町居酒屋巡りもできなくなって、下町ハイボールも2年近くご無沙汰です。


焼き物はタレにします。
アブラテッポウ


久しぶりの下町ハイボールが美味しくて、たちまちお代わりです。


長男はもうお腹いっぱいだと言いますが、私はまだ食べれます。
というか、食べたい気持ちが勝っているといえるでしょう。
最後の二皿はハツ塩シロたれよく焼き


串からもつ焼きを抜く感覚も、ようやく戻ってきました。


アルコールの締めは梅割り


もちろん受け皿に零してくれた焼酎はグラスに戻します。
あまりにも久しぶりで、手元が狂って戻し損ねてしまいました。


うず高く積み上がった小皿。
ここは「宇ち多”リスペクト系」の店なので、お会計もお皿を数えるスタイルなのです。


すっかり満腹。
そして土曜の昼酒でゴキゲンです。
息子と一緒ですし、まだ早い時間ですから乗り過ごすこともないでしょう。

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

寅屋 本町店立ち飲み居酒屋・バー / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9