2017年10月18日水曜日

優しい女将が一人で切り盛りする西新橋の隠れ家的割烹「酒処はづき」。常連で売り切れる難度の高い店でしゃけ塩焼定食

今日はひとりランチ。
早めに会社を出て西新橋へ向かいます。
12時には満席になり、12時半過ぎには売り切れる難度の高い割烹ランチが狙いです。
路地裏の古い雑居ビルの二階にある酒処はづき


階段を上がると、店にはお客さんの気配がありません。


一番乗りです。
12時10分前。


カウンターの端に座り、女将さんにしゃけ塩焼定食を頼みます。
料理を待っている間に続々とお客さんが入って来ました。
やはり12時過ぎには満席で、後から訪れた現れるお客さんに、女将さんが申し訳ないとお詫びの連続。


もちろん私のしゃけ塩焼定食が一番最初に出てきます。


大きく、分厚い切り身のしゃけ。


ご飯も炊き立て。
お替わりはできますが、これで控えておきます。


小鉢はお豆腐とおくらの和え物でした。


味噌汁もお新香も家庭的な味。


もちろんオン・ザ・ライスで頂きます。


卓上にはご飯のお供が置かれています。


昆布の佃煮、わかめとじゃこのふりかけ、海苔の佃煮。
昭和な雰囲気です。


しゃけのハラミは脂がのって実に美味。


実に美味しくて家庭的な和食ランチが食べられるお気に入りのお店の一つ。
お会計を済ませて、気分よくお店を出ました。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

酒処 はづき居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5