2017年6月20日火曜日

呑ん兵衛の聖地大井町で立ち飲みセンベロハシゴ② 大井町の酔いどれたちに人気の「肉のまえかわ」でアジアンな立ち飲み

一軒目のいさ美寿司でエンジンを暖めた我々は、次なる立ち飲み屋へとクイックな展開。
東小路飲食店街を抜けた、ゼームス坂に通じる通りに面して人だかりが見えます。
ここが、大井町の酔いどれたちに人気の立ち飲み肉のまえかわ
店の前に屯しているのは、並んでいるわけではなく、外で飲んでいるのです。
完全前金制のなせる技。


店内は肉屋風の設え。


基本的に肉料理。
揚げ物や、たたき、刺身など。


カウンター越しに注文します。
従業員は全員中国人。
突然アジアのマーケットに迷い込んだような雰囲気ですが、日本語に訛りはあるものの、意思疎通に障害はありません。


アルコールは激安。


ビール類は缶が冷蔵庫に入っていますので、自己申告。


なんとも雑多な雰囲気が、立ち飲みらしく心地良い。


お会計を支払い、つまみとドリンクを受け取ります。
赤羽を彷彿とさせる完全前金制。


私は酎ハイにしました。


今日二度目の乾杯。


頼んだつまみは鳥のササミ刺しメンチカツ和牛ランプタタキ


肉厚なメンチカツ。


鳥のササミ刺しは生姜醤油をチョイス。
スヌーピーの皿がなんとも微笑ましい。


和牛ランプタタキはニンニク醤油で。
大量の生ニンニクがドバっとのっています。


つまみは箸ではなく、串を使うスタイル。
ほぼピクニック状態。


ドリンクをお代わりします。


グラスは一人一回。
つまり飲み終わったグラスを持参して新たなドリンクを入れてもらうシステム。
グラスはもちろん洗ってくれませんので、味が変わっても気にしない度量の広さが必要です。


焼き物を頼みます。


ハラミとり皮を焼台のお姉さんに注文。
もちろんこれも前金制。


ハラミはタレ、とり皮は塩にしてもらいました。


再度ドリンクをお代わり。
Yちゃんはバイス、私は酎ハイ


「こんなとこに住みたいわ~」
とオヤジのりの発言をするYちゃんです。
彼女の帰りの新幹線の時間もありますから、これを飲んだら三軒目で仕上げることにします。





関連ランキング:焼き鳥 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

肉のまえかわ焼き鳥 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.4


呑ん兵衛の聖地大井町で立ち飲みセンベロハシゴ① 東小路飲食店街の「いさ美寿司」でエンジンを暖める

出張で上京してきた大阪の飲み友達Yちゃんと最終新幹線まで飲むことに。
帰りの新幹線を考え、品川駅に近い大井町の立ち飲みばかりを3軒ハシゴの2時間勝負を企画しました。


大井町駅東口改札で待ち合わせ、そのまま目と鼻の先の東小路飲食店街へ。


今日の口開けは、路地を入ってすぐのところにある立ち食いのいさ美寿司


破れたところがガムテープで補修されている、なんとも年季の入った暖簾。


15分ほど待ちました。
まずはビール。
缶ビールがデフォルトですが、オリオンビールの瓶があったので、それを。


久しぶりの乾杯。


すっかり色が変わった木札のメニュー。


ホワイトボードに書かれた今日のネタを中心にピックアップしていきましょう。


地タコ小肌


小肌はさっぱりと締められています。


神奈川県産さば
これは締めではなく、生。


お酒は白霧島の水割りにチェンジ。


活〆マコカレイ


生しらす
昨日も船橋の立ち食い寿司吉光で食べましたが、好物なのでつい頼んでしまいます。


ゲソ
一貫30円の最安値です。


ちょっと贅沢にウニ


他のお客さんも皆頼んでいた穴子で締め。
ふんわりとして美味しい。


二人だったおかげで、一貫ずつ色々食べられました。
エンジンも暖まったので、二軒目に向かいます。
お会計は、ちょっと贅沢をしたので4,000円オーバーでした。




関連ランキング:寿司 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

いさ美寿司寿司 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.3


昭和レトロな虎ノ門の喫茶店「ヘッケルン」で食後のデザート。名物のジャンボプリンとコーヒーのセットで600円

たけとらでのランチがあまりにも早く終わってしまったので
ヘッケルンに行こう」
と同僚たちを誘いました。
虎ノ門の路地裏にひっそりと佇む昭和レトロな喫茶店です。


名物はジャンボプリン


ゆったりとした時が流れる、サボリーマンの憩いの場。
オーダーはもちろんコーヒー・プリンセット


アイスコーヒーが美味しい季節です。


この大きさなのに単品で350円、コーヒーとセットで600円という素晴らしい昭和プライス。


プリンは、たまご好きの私の中でも、相当な上位に位置するたまご料理の一つです。


甘味好きのK部長はクリームソーダという、これまた昔懐かしいドリンクをオーダー。


入刀、という言葉が相応しいケーキサイズのジャンボプリン。
マスターが朝早くから仕込むプリンは、スプーンを押し返すほどの弾力があります。


カラメルが滴る、美しい瞬間。


子供の頃、お腹いっぱいプリンを食べたいと思っていた夢が実現できる、素晴らしい店。


もちろんカラメルも残さず頂きます。
普段は甘いものを食べない私も、プリンとシュークリームだけは別格なのです。





関連ランキング:喫茶店 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

ヘッケルン喫茶店 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5