2019年12月29日日曜日

妻が帰省で毎日スーパーの総菜に飽きて「すき家」で豚の生姜焼きをつまみに一杯からの、思わぬ展開


妻がお義母さんの実家へ帰省。
私は長男と二人で留守番です。
昨日から毎日近所のスーパーの総菜ばかり食べているので、ちょっと外食。
手軽なものを、という事で「すき家 佐倉店」へ。
豚の生姜焼きをつまみにビールを飲むことにします。
残念ながら生ビールはありませんので、瓶ビールで。


ビールを飲むので、定食ではなく単品にしました。
栄養のバランスを考えて、野菜サラダを付けました。


豚の生姜焼きを半分位食べたところで、店員さんが飛んできました。
「大変申し訳ございません。先ほどお出しした生姜焼きには、本当は胡麻は振らないのですが、間違えてかけてしまいました。大丈夫だったでしょうか」
元々胡麻が振られるべきなのかどうなのかも知らない私はキョトンとします。
もっとも胡麻は好物だし、違和感も全くなかったので
「いえいえ、大丈夫ですよ」
と言うと
「もし宜しければ、もう一つ胡麻をかけていないものをお作りしましたので、お召し上がりください。お代は結構です」
と店員さん。
むしろこちらが恐縮します。


せっかくの申し出ですので遠慮なく二皿目の豚の生姜焼きを頂きます。
実は、美味しかったので大盛にすれば良かったと少し後悔していたところ。
なんだか、お店の方には申し訳ありませんが、暮れも押し詰まって、良いことがありました。




関連ランキング:牛丼 | 京成臼井駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.0

2019年12月28日土曜日

冬休み最初の朝ご飯はコメダのモーニング 。たっぷりサイズのホットコーヒーをゆったり楽しむ朝


今日から年末年始のお休みに入りました。
妻は実家に帰省していないので、朝ご飯はコメダのモーニングに出かけることにしました。
「コメダ珈琲店 千葉佐倉王子台店」


既に門松が飾られていて、もうお正月気分です。


窓際の一人席に座ります。


オーダーはもちろんモーニング。
今日は「手造りたまごペースト」Bセットにしました。
トーストはよく焼き、バター多めで。


コーヒーは1.5倍のたっぷりサイズをホットで頼みます。


しばらくしてモーニングが出てきました。


すっかり見慣れたビジュアルですが、なんだかホッとします。


よく焼き、バター多めのトーストを千切ります。


そこへ、たまごペーストをオン。


たまご好きの私には堪らない旨さ。


トーストを食べ終わり、たっぷりサイズのコーヒーをゆっくりと飲んでまったり。
のんびりと朝の時間を過ごすのは、最高の贅沢です。
お会計を済ませて、年末年始の営業時間を確認すると、なんと無休。
元旦の朝は、出勤の前にここでモーニングを食べていきましょう。





関連ランキング:カフェ | 京成臼井駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.1


2019年12月27日金曜日

仕事納めの納会帰りのひとり酒。船橋で途中下車してお気に入りの大衆酒場「増やま 本店」で一年を振り返る


今日は会社でお昼から納会。
皆で楽しく酒を酌み交わし、一年の思い出話と来年に向けての期待を語り合う楽しい会でした。
15時で終業となり、解散。
私は、一人でゆるりと仕上げたいと思い、船橋で途中下車して北口の路地裏に足を向けます。
お気に入りの大衆酒場「増やま 本店」です。
16時過ぎとあって、まだ日が暮れる前。
こんな時間から飲めるのは、実に幸せです。


暖簾を潜れば、そこは私と同じ飲兵衛たちの賑やかな声。
この賑わいが、私のひとり酒のつまみになるのです。


キープしてあるキンミヤのボトルを出してもらいます。


黒ホッピーで、セルフ乾杯。
すぐに出て来る肉豆腐は、ダイエットの友でもあります。


ホワイトボードからいわし刺身も頼みます。


生姜をたっぷりつけて。
脂ののったいわしが、ホッピーに実に合う。


ホッピーはたちまちナカをお代わり。
ボトルから好みの濃さで作れるのが、嬉しい反面、危険でもあります。


ふと壁に目をやると、年末年始の営業時間が貼ってあります。
なんと大晦日から3日まで毎日営業と書いてあります。
これは嬉しい。
元旦は出勤なので、その帰りに飲めそうです。


小松菜おひたし
野菜は必須です。


ナカを濃く作るので、黒ホッピーは三杯作れました。
更にゆっくりとマイペースで飲み進みます。


締めの一品は目玉焼きで決まり。
実に美しい半熟加減。


アルコールはキイロにチェンジ。
いわゆる下町ハイボールです。


もちろん、厳粛なる「箸入れの儀」は欠かせません。


明日から9連休。
元旦が仕事なので、例年のように慌ただしい帰省も無く、逆にゆっくりと自宅で過ごせそうです。


一時間半ほどのマイペースのひとり酒を終え、お会計。
もちろんセンベロです。
色々あった2019年でしたが、振り返ればそれも良い思い出。
来る2020年も、きっと大変でしょうが、来年の今頃は「楽しかった」と思い返しているはずです。





関連ランキング:居酒屋 | 船橋駅京成船橋駅東海神駅

 
夜総合点★★★★ 4.0

2019年12月26日木曜日

クイックな晩ご飯で久しぶりの牛丼。「すき家 東京駅京橋店」で「牛丼中盛たまごセット」


今日はクイックに晩ご飯を食べて帰ることにしました。
ダイエットもあって、随分長い間食べていない牛丼にしてみます。
京橋交差点近くの「すき家 東京駅京橋店」
八重洲に近い中央通りに面したオフィスビルの一階にあるので、一般的なすき家のイメージとは異なる、洒落たエントランス。


久しぶりな上に、牛丼だけでもメニューが豊富なので、注文に戸惑いました。
結局牛丼中盛たまごセットを注文。
もちろんすぐに出てきます。


牛丼に味噌汁と生卵は外せないアイテムです。


牛丼のセンターに窪みを作り、そこに生卵をイン。
紅生姜と唐辛子をたっぷり振って、準備は整いました。


生卵に箸入れの儀。
これは欠かせません。


中盛はご飯が並盛で、肉の量が大盛というもの。
カロリーも1,039 kcalと、最近の私は食べた事もない膨大なエネルギーです。


味噌汁は安心安定のファーストフードの味。
これが、また私のB級グルメ魂を揺さぶります。


「つゆだくにしてもらえばよかったな」
とちょっと後悔。
それでも、まあまあつゆは多めです。


箸だと食べにくいので、卓上にあったスリムな杓文字を使います。
これは便利。
しばらく牛丼屋に来ない間に、色々と進化があるようです。


最後は肉の方が余るという、嬉しい悲鳴。


完食です。


お会計は、もちろんキャッシュレス。
これも、牛丼屋で使うのは初めてです。


久しぶりの炭水化物で腹パンですが、懐かしいB級グルメに満足しました。




関連ランキング:牛丼 | 京橋駅宝町駅東京駅

すき家 京橋一丁目店牛丼 / 京橋駅宝町駅東京駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.0

今年最後の外食ランチは、お気に入りの割烹で。 新橋「活魚料理 ととや」で鯖味噌煮定食


いよいよ2020年も押し詰まって来ました。
明日の仕事納めは会社で納会があるので、外食ランチは今日が最後。
新橋の本社で打合せを終え、その足でアーリーランチ。
優しい和食が食べたいと、お気に入りの割烹「活魚料理 ととや」へ。


開店間もなくとあって、スムーズに案内されました。
今日は、メニューには無い鯖味噌煮があるというので、それを注文。
もちろん、決まりの小鉢類は既にカウンターにセットされています。


割烹の矜持を感じる、茶碗蒸し。


ご飯はもちろん少な目で。


港区屈指の美味しいお味噌汁。


そこに鯖の味噌煮も登場し、役者は出揃いました。


焼魚と違って、小鉢に箸を付ける前に出てくるので、オールスターキャストの写真を撮影。


もちろん最初は茶碗蒸しから。
たまご好きの私には嬉しい一品。


続いては味噌汁です。
出汁が効いた、実に滋味深い味わい。
もちろん後でお代わりします。


鯖の味噌煮は、たっぷりと二切れ。
大胆に箸でほぐして、オン・ザ・ライス。
これ位のペースでも、ご飯を少な目にしたので、きっと味噌煮が余るはずです。


かなり濃い目の味噌が、しっかりと鯖に染みています。
味噌煮に入っている生姜や白髪葱が、風邪予防に効果がありそうです。

予想通り、半身を食べたところでご飯がほとんど無くなりました。
しかし、ここでお代わりはグッと我慢です。


お代わりして良いのは、お味噌汁。
身体の芯から温まります。


いよいよ会社も明日が仕事納め。
ゆく年を惜しむ気持ちが湧いてきました。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

 
昼総合点★★★★ 4.0