2017年1月5日木曜日

勝手に名付けた「虎ノ門焼鳥ストリート」の気になる老舗「とり安」でランチ。昭和レトロな雰囲気の店でコスパのいいきじ焼重にローテーション入り確定

虎ノ門の外堀通りから一本入った路地には飲食店が並んでいます。
とりわけ焼鳥店の生息率が高いことから、私は勝手に「虎ノ門焼鳥ストリート」と名付けています。
今日は、同僚たちを誘って、そのストリートへ。
その中でも気になっていた昭和な佇まいのとり安で、今日はランチ。


12時少し前でしたが、満席。
ランチメニューを眺めて品定め。
私はきじ焼重、同僚のM部長は上きじ重、Oさんはやきとりライス。
よく見ると、焼鳥は単品でお好みが追加できるシステムです。
これはいいサービス。


夜のメニューも気になります。


お茶を飲んで、しばし待ちます。


 程なく出てきたきじ焼重


これを頼んだのは、もちろん玉子がのっているから。


細かく裂いたきじ焼き。


卵そぼろとの相性はいいに決まっています。


好物の鳥スープが嬉しい。


もやしのごま油和えが一品で。


山椒はすり下ろすタイプ。


たっぷりと。


いただきます。
キジは柔らかさの中に、程よい歯ごたえ。
タレが甘すぎず、好みの味です。


大好きなそぼろ卵の部分と交互に食べ進みます。
なかなか旨い。


ご飯は少ないかな、と思いましたが後半苦しくなってきました。
100円追加で大盛に出来ますが、これで私は丁度いいくらい。


同僚たちの頼んだ料理もそれぞれに美味しそう。
ここはローテーション入り確定です。




関連ランキング:焼き鳥 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村