2017年3月29日水曜日

ビックなのにビッグ!?虎ノ門「ビックラーメン」の「ビッグ」なラーメンで夜まで満腹

今日のランチは同僚のリクエストで、ビックラーメンへ。


15時からハッピーアワーだという、森ビル村の虎ノ門らしからぬ設定です。


そして何より謎なのは、店名。
ビックラーメンが正しいのですが、店先のメニュー看板には「ビッグラーメン」と書かれています。
この表記の揺れは、お店に確認しなければと思いながら、いつも忘れてしまいます。


店名にもなっているビックラーメンには「麺なし」があります。
二郎のように野菜炒めが大量にのっているラーメンですが、それを麺抜きにするというもの。
一見炭水化物摂取を抑えられそうですが、大量の油で炒めた野菜と、塩分の多いスープですから、栄養バランス的には大差ないと思われます。
そして何より大差がないのは、30円という値引き額。


混雑時は入口でオーダーして前金。
しかし着席してから、他にも気になる丼や定食系を発見し、忸怩たる思い。


しばらく待って出てきた塩ラーメンと半餃子と半ライスのセット。
デコラのテーブルに似合いすぎる光景です。


見た瞬間に
「これは無理かも」
と思います。


ビックラーメン程ではないにせよ、山盛りのもやしが半端ありません。
しかも、麺は通常の店の1.5玉はありそうです。
丼そのものの規格が大きいのです。


キツネ色に焦げた餃子。
これは美味しそう。


うっかり忘れていましたが、餃子セットにはライスが付いてきます。


餃子用の醤油皿は出てきません。
盛り付けられた皿の中で、なんとか解決しなければならないのです。


もちろんオン・ザ・ライス。


カリッと焼けた皮とジューシーな餡のコントラストが、いい感じ。


ラーメンのスープを一口。
塩ラーメンとはいいながら、割と濃厚な味は、まさにB級の王道。


多少放置しても伸びなさそうな太麺。
油膜でスープが冷めないので、猫舌の私は悪戦苦闘。


もやしだけでもかなりの量。


チャーシューもビッグ。
同僚たちはチャーシュー麺を頼んでいて、それもまた丼一面肉々しい感じ。


ライスがある以上、ラーメンライスにしないわけにはいきません。
これぞオン・ザ・ライス界の雄。


まだ半分ほどですが、既に胃は悲鳴を上げ始めています。
夏でもないのに、発汗してきました。
10年前なら食べられたビックラーメンですが、きっと今の私には到底食べられないことでしょう。


何とか寄り切りました。
稀勢の里並みの満身創痍の大一番。


結局この日の「ビッグ」ラーメンは夜まで消化されることは無く、ある意味一日の総摂取カロリーは皮肉にも抑えられる結果となりました。
次回こそ「ビック」なのか「ビッグ」なのか真相を究明しなければなりません。




関連ランキング:ラーメン | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅