2017年3月7日火曜日

虎ノ門の高CPお魚ランチはローテの一角、居酒屋「あじひろ」で。800円で美味しい焼魚と小鉢が選べて、締めはユニークなだし茶漬け

三寒四温とはよく言ったもので、暖かくなったと思うと再び冷え込む繰り返し。
とはいえ、確実に気温は上がりつつあります。
今日もランチタイムの日なたは暖かく、ブラブラと職場から歩いて向かったのは居酒屋あじひろ
800円の定食がオフピークは700円というサラリーマンの強い味方。


階段を下りた地下がお店です。
食券制ですが、いつも従業員のお兄さんが横にいて、ボタンを押してくれます。
トッピングで明太子、生卵、納豆を選べるので、それも聞かれます。
スーパーのセルフレジに近いイメージ。
私はほっけ焼き定食にしました。
小鉢は生卵ではなく明太子をオーダー。


比較的オオバコのお店。
テーブル席に案内されます。
しばらく雑談していると、トレイにのった定食が出てきました。


大きなほっけの切り身が半身。


ごはんはおかわり自由虎ノ門ルールですが、それは危険。


高菜漬けとワサビ、チョイスした明太子。
これが後からいい働きをするはずです。


味噌汁。
お代わりできるかどうか確認するのを忘れました。


ほっけに限らず魚は骨回りが一番旨い。
残さず全部食べてしまいます。


もちろんオン・ザ・ライス。


明太子も。


このお店ではご飯と魚を半分食べた後に、残った魚の身をほぐしてご飯にのせ、高菜と山葵を入れてだし茶漬けにする食べ方が推奨されています。


そこへ高菜漬けとワサビ、残しておいた明太子を投入。
たまご好きの私が生卵を選ばなかったのは、この理由です。


卓上のポットからだしを入れます。


美味しそうなだし茶漬けが完成。


濃いめのだしが焼魚とマッチ。
高菜漬けとワサビもいいアクセント。
明太子も予想通りいい仕事をしてくれました。


今日は、このだし茶漬けを想定して、日頃鉄則にしている「ご飯少な目」をリクエストしなかったので、かなり満腹。
しかし、美味しかったので多少の食べ過ぎは許すことにしましょう。
完全にローテーション入りのあじひろです。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村