2017年3月8日水曜日

虎ノ門の老舗洋食店「ケルン」に初訪問。まずは定番のハンバーグステーキランチを

虎ノ門交差点にある洋食レストラン ケルン
高評価のレストランだけに気になっていたのですが、虎ノ門の会社に出向後ようやく初訪問です。


サラリーマンにはちょっと高い1,000円超えのメニューが主体ですが、1,000円未満のサービスランチもあるようです。


レンガ造りを模したエントランスを入ると、店名通りドイツのビアレストラン風のしつらえ。


階段を下りて地下へ。


お店の入口もこんな感じの雰囲気です。
想像以上にオオバコの店内は、お客さんの話声が反響しています。
まさにビアホールといった雰囲気。
何より驚いたのは、女性客の比率が高いことでした。


ランチタイムおすすめメニュー


サービスランチにしようかとメニューを眺めていると、カキフライの文字にに思わずロックオン。
しかし1,500円はお財布には厳しい。


カレー好きの私には、このカレーフェアというのも気になります。
しかし、これも軒並み1,000円越え。


定番メニューを見ていると名物の煮込みハンバーグが美味しそう。
1,000円ジャストなのですが、残念ながら一日限定15食で売り切れ。
そこで「55年変わらぬケルン伝統の味」というハンバーグステーキにしました。
洋食屋の実力はハンバーグでわかるという持論。
そういう意味でも、今日は初訪問なのでハンバーグで決まりです。
980円という予算内。


テーブルにナイフとフォークがセットされます。


まずはスープが出てきます。


しばらくしてライスとハンバーグステーキが到着。


基本を押さえたビジュアルです。


ライスは虎ノ門共通の大盛ルールに反して普通盛。


大好物の目玉焼きがオン。
これがなければ、ハンバーグではありません。


お店の雰囲気がいいので、プチゴージャスな気分になります。


付け合わせはマカロニサラダと、ドイツっぽいザワークラウト。


素晴らしい半熟の目玉焼きにナイフを入れて、流出画像を撮影。
後でSNSにアップするためです。


ジューシーなハンバーグ。


もちろんオン・ザ・ライスで。


マカロニサラダは大好物。


ドミグラスソースはほのかな酸味を感じる味。
上品で美味しい。


ちょっと高いので頻繁には来れませんが、満足度は高いお店。
女性が多いのも頷けます。




関連ランキング:洋食 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村