2017年3月21日火曜日

ローテーション入りした魚系居酒屋「さくらさく」。日替わりのサバの文化干しと生卵で正しいサラリーマンランチ

先日の初訪問でいきなりローテーション入りが確定した居酒屋さくらさくの魚ランチ。


全種目制覇しようと思いながら、つい定番よりも日替りに目がいって、なかなかステージは進みません。


卓上の味付海苔と丸美屋のさけのふりかけが、私としては高評価。


今日の日替り焼魚サバの文化干し


ご飯はお茶碗に一膳と、虎ノ門の大盛ルールに反しているようですが、実はお代わりは一杯まで無料なので、実質大盛が担保されています。


「文化干しって、なんでそういうんだっけ」
という素朴な疑問に誰も答えられず、おもわずスマホで検索。
発泡スチロールのトレイも真空パックもなかった戦争直後の時代に、魚の干物をセロハンに包んで販売したところ、見た目に美しく、画期的だったことから「文化」の冠がつけられたらしいのです。
その後、製法も進化し、水産加工業界では「冷風乾燥機を使用した干物」を文化干しと呼ぶようになったとか。
天然干しの対義語、ということになりますが、天然干しの干物が現在市場にどれほど出回っているのかを考えると、文化干しの「文化」は取れてなくなってもおかしくありません。


ここの味噌汁は偏差値が高く、お代わりしたくなりますが、有償と思われるためグッと我慢です。


サラダが付いているのも、日頃野菜不足の私にはポイントが高い。


お新香とは別に小鉢の昆布の佃煮。


充実しているサイドメニューから生卵を発注。


脂ののったサバは、切り身も大きく食べごたえ十分。


もちろんオン・ザ・ライスです。


さけのふりかけと昆布の佃煮もオン・ザ・ライス。


生卵を投入。
大阪時代ならお代わりしたご飯に投入していたでしょうが、それはもう止めました。
炭水化物の過剰摂取は、厳に慎まなければなりません。


味付海苔で頬かむりできるところが、また嬉しい。


納得のランチスポットです。
次回は同僚が好物の葱とろしらす丼にチャレンジします。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

さくらさく居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.4