2017年3月20日月曜日

いつも待たされるとわかっているのに、つい食べに来てしまい結局後悔する「大戸屋 佐倉染井野店」

晩ご飯は長男と二人。
大戸屋 佐倉染井野店に食べに来ました。


三連休最終日の夜とあって、みなさん外食志向が強いのか、15分ほどウエイティングとなりました。
もちろん一杯飲みたいので、つまみ的な一品を頼んで生ビールと一緒に先に持ってきてもらうように頼みました。
ここは厨房のスタッフが慢性的に足りないのか、料理が出てくるのが遅いので、一先ず喉を潤したいという考えです。


おかずはもろみチキンの炭火焼き定食を単品でオーダー。


しかし、一向に生ビールも一品も出てくる気配はありません。
回りのお客さんも、まだサーブされていない人がほとんど。
相変わらずのオペレーションの悪さですが、さすがにしびれを切らした私は注文を取ってくれたホール係のお兄さんに催促。
あわてて出てきた生ビールと一品。
着席してから25分。。。


やっと喉を潤すことができました。


ほうれん草のごま和え


手作り豆腐のねばねば小鉢


これはしっかりと混ぜて。


待たされたものの、味は悪くありません。


そこからメインのもろみチキンの炭火焼きが出てくるまでは5分。
いったいさっきの25分は何だったのでしょうか。


揚げ物主体の当店のおかずにあって、脂質を抑えるには最適の料理。


プリプリとしたジューシーな鶏肉。
もろみの風味がなかなか良い。


定食屋さんとしては圧倒的にオペレーションが悪いのがこの店の難点。
都内でもランチで大戸屋で食べることがありますが、全国チェーンにも関わらず、この店のオペレーションの遅さは異常です。
それでも誰も怒らずに大人しく待っているのは、もしかしたらこの店以外の大戸屋に行ったことが無いからかもしれません。
厨房スタッフが足りないのか、そもそもコンロの口数が足りないのかわかりませんが、いつものように電話予約で弁当のテイクアウトにすれば良かったと後悔しました。




関連ランキング:定食・食堂 | 京成臼井駅

大戸屋 佐倉染井野店定食・食堂 / 京成臼井駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.0