2016年12月8日木曜日

冬のソウル三泊四日B級グルメ旅⑤ 青瓦台見学の後の遅いランチは「黄生家カルグクス」へ。食べたかったカルグクスとマンドゥを一気にやっつける

青瓦台の見学が終わって景福宮に戻ってくると、もう13時。
ランチを済ませてから、次の行動に移ろうということになりました。
景福宮の東側、北村エリアにある評価の高い黄生家(ファンセンガ)カルグクスをネットで見つけ、出向きました。


その名の通りカルグクスが名物ですが、韓国ではよくある粉ものの店。


当然マンドゥも人気メニュー。
一階に入ったところでは、まさにそのマンドゥを作っていました。


案内された二階席はオンドルの板の間。
冬の韓国ではありがたい。


メニューを検討。
しかし、結論は初めから決まっていました。
カルグクスマンドゥを一つずつ取って分けようというプラン。


最初にキムチが出てきます。


これがどちらも抜群に旨い。


もちろん旅行中は昼ビールも当然。


乾杯。


料理が出てくるまで、キムチをつまみながら一杯。


程なく出てきたカルグクスマンドゥ


これは温まりそう。


大きなマンドゥがゴロゴロ入っています。
巨大水餃子といったところ。


スープを飲み比べてみましたが、当たり前の如く同じコムタン味。


これを二人で分けようという算段。


妻が手際よくカルグクスとマンドゥを移し替えます。


ちょっと見栄えはなんですが、宿題の好物料理を一気に二つやっつけられるのですから、これでいいのです。


まずはカルグクスを啜ります。
麺好き、うどん好きの私も納得の美味しさ。


スープは 深みのある牛骨味ですが、臭みは無く、品のいい仕上がり。


大きなマンドゥにも手を付けます。


厚めの皮の中からミッシリ詰まった肉が溢れ出てきました。


カルグクスにはもちろん牛肉も入っています。


マンドゥは 二人で分けたにも関わらず、食べても食べても減りません。


完食完飲です。


この後向かうプッチョンマウルの散策前に、身体の芯からしっかり温まりました。




関連ランキング:韓国料理 | 三清洞 / 北村 サムチョドン / プッチョン

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



ファンセンガカルグクス韓国料理 / 三清洞 / 北村 サムチョドン / プッチョン)
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5