2016年12月8日木曜日

冬のソウル三泊四日B級グルメ旅③ 冬の韓国の朝は熱い汁物でウォームアップ。「サンベッチッ 景福宮駅店」でコンナムルクッパ

昨日は遅くまで部屋飲み。
今朝は眠い目をこすりながら8時に起きました。
韓国の朝は、まずバナナミルク


朝ご飯を食べに、地下鉄に乗って景福宮駅へ。


サンベッチッ 景福宮駅店


全州名物の豆もやしスープにご飯が入ったコンナムルクッパ。
本場の全州には数多くのコンナムルクッパ専門店があるそうですが、その中でも1、2を争うほどの有名店として知られているのが、70年近くの歴史を誇るお店サンベッチッ
その支店としてここに開業したお店です。


味は種類がありますが、基本はコンナムルクッパ。


2015年4月にオープンしたばかりというお店はオープンな雰囲気のモダンな内装。
全州の老舗とは感じない雰囲気ですが、既に人気店としてソウルで確立しているそうです。


箸とスプーンはテーブルの引き出しに。


キムチと海苔が出てきました。


そして半熟の目玉焼き。
これは意外でした。


程なくコンナムルクッパが出てきました。


グツグツと煮えています。
猫舌の私は要注意です。


俄然食欲が出て来るビジュアル。


いつもなら中盤に崩す生卵ですが、目玉焼きもあるので、序盤からスプーンを黄身に割り入れます。


これは旨そう。


全州のコンナムルクッパには2種類のスタイルがあるそうです。
1つは南部市場から始まったという「南部市場式」。
こちらはご飯に茹でた豆もやしをのせ、熱いスープを注いで食べるスタイル。
そしてもう1つが、この店の名前でもある「サンベッチッ(三百家)式」と名付けられた、豆もやしスープに各種ヤンニョムを加え生卵をのせてグツグツ煮込むスタイル。


目玉焼きものせてしまいましょう。


改めてスープをじっくりと味わいます。
薄味の優しい味は、朝から身体を覚醒してくれます。


もやしはシャキッと。


ご飯も美味しい。


味付きの韓国海苔をちぎってクッパにまぶします。


そろそろ目玉焼きにも入刀。


これを韓国式にビビン。


クッパのたまごの味がより濃厚になります。
たまご好きの私には堪りません。


もちろん完食です。


汗をかくほど身体が温まりました。
韓国料理が「医食同源」と言われる理由を、改めて実感した朝ご飯でした。




関連ランキング:韓国料理 | 市庁/光化門 シチョン/クァンファムン

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



サンベッチッ 景福宮駅店韓国料理 / 市庁/光化門 シチョン/クァンファムン)
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5