2015年1月27日火曜日

ディープミナミ法善寺界隈の昭和浪漫を巡る夜② 昭和寿司屋「丸十寿司南店」で絶品玉子焼とつまみとをアテに熱燗を。親子二代の素晴らしい接客に感動

串かつ二色でエンジンを暖めた我々3人は、Tさんの先導でミナミを更に奥へと入っていきます。
このレトロな喫茶店のようなお店は、あのインデアンカレーの南店。
実に味わい深い佇まいです。


酔客で賑わう難波の裏通り。


法善寺横丁をかすめて南へ曲がります。


右手に現れるのが丸十寿司南店


暖簾をくぐると、そこは昭和の寿司屋。
L字カウンターの狭い店ですが、Kさんが予約してくれた席以外は満席です。
最初に感じたのは年老いたお父さんとその息子さんの、素晴らしい接客。
腰が低い、とか愛想がいい、という次元では語れません。
心がこもって、お客さんを大切にして、美味しいものを食べて気持よく帰ってもらおう、という真心以外の邪心がないのです。
大阪では東京にない心尽くしで本音の接客をたくさん経験してきましたが、一瞬でそう感じるほど、この店の親子の接客は、本当に素晴らしいの一言です。


再び乾杯。
今度は瓶ビールです。


そもそも今回の企画は、私がここでフワフワの絶品玉子焼を食べてみたいと言ったのが発端。
しかしその前にクリアしなければならないつまみが数多くありそうです。


私はビールをチェイサーにしながら麦のロックを飲むことにしました。


「お任せします」
というK君の言葉を受けて、Tさんと私で品定め。
本日の小鉢から子持ちイカ煮付ぬたをチョイス。


更に熱燗も入れて、大ちゃんぽん大会です。


イカゲソ焼きも。
耳が多めです。


酒が進むものばかり。


何とも幸せな気分です。


そして本日のメイン。
件の玉子焼をツマミでいただきます。


炙り穴子もツマミで貰います。
これからお楽しみの工作の時間。


カリッと炙った穴子。


玉子焼が半熟で緩めに巻いてあるので、一枚一枚剥がすことができます。


これを薄焼き卵よろしく炙り穴子に巻いて食べるのです。
Kさんから教わった食べ方。
たまご好きの私には堪りません。


旨いツマミで酒はますます進みます。
先週の北海道旅行で日本酒に再び目覚めた私は、熱燗をグビグビ。


締めに粕汁をお願いしました。
日本酒を飲みながら粕汁。
チェイサーのようになっています。


たっぷりと葱を載せて。


Tさんの勧めで寿司は松前。


浅締めの鯖の昆布巻。


松前船で運ばれた昆布の文化が花開いた大阪を感じる一品です。


お会計を済ませ、お店を出るときも、何とも言えない柔らかく心のこもった見送りを受けました。
使ったお金の何倍も楽しい時間をくれるお店でした。



関連ランキング:寿司 | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


丸十寿司南店寿司 / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5