2015年1月25日日曜日

「マッサン」を訪ねる旅 小樽・余市編⑫ 旅の締めくくりは恵庭のサッポロビール庭園「ヴァルハラ 」で一人ジンギスカン

工場見学と試飲を楽しみ、再び最初の建物に戻ってきました。
工場内にあるレストランヴァルハラで遅めのランチ。


北海道といえばジンギスカン。
出来立ての生ビールとジンギスカンで旅を締めくくろうという計画です。


もちろんサッポロ製品は全て揃っていますが、ここで作られているものを飲みたいので、黒ラベルとクラシックと決めています。


工場見学の前はかなり混んでいましたが、今は14時過ぎ。
お客さんもチラホラです。


窓際の席でした。
白銀の世界。


ドリンクメニュー。


単品もありますが、これはスキップ。


ジンギスカンは食べ放題や食べ飲み放題のメニューもありますが、既に試飲会場で2杯飲んでいますし、ブランチで駅弁も食べていますから、ちょっとハードかも。


比較検討の末、生ラムジンギスカン単品(1,380円)にしました。
味付きは、せっかくのラム肉の味がわからなくなるので選びませんでした。


卓上にあった紙ナプキンを首からかけて準備を整えます。


目の前のジンギスカン鍋は綺麗に磨かれています。
無煙ロースターのようです。


最初は黒ラベル
楽しかった「『マッサン』を訪ねる旅に乾杯。


箸袋が銀座ライオンのものでした。
そういえば、サッポロビールの経営だったな、と改めて思い出しました。


まずは脂をのせて。
しかしこの後どういう手順で焼くのだったかが思い出せません。
なにしろ20年はジンギスカンを食べていないのです。


しかし、手元に「ジンギスカンの美味しい焼き方」という説明書きがありました。


「そうか、野菜が先だった」
と朧気な記憶をたどりながら鍋に野菜とラム肉を配します。


札幌麦羊亭の秘伝のたれ。


ラム肉にも火が通り、野菜もしんなりしてきました。


少し赤いですが、これ位が美味しいのです。


早速頂きます。
柔らかく、淡白な味わいのラム肉に感動。


野菜も一緒に。


第二弾も続けて投入します。


二杯目はクラシック
先ほどの試飲会場と同じ順番です。


やや焦げたところも美味しい。


最後はカリカリになりました。
オン・ザ・ライスで食べたい位。


レジでお会計。
お口直しでソフトキャンディをひとつ。


再びサッポロビール庭園駅まで雪深い道を歩いて戻りました。


無人駅なので、ホームにある乗車駅証明書発行機で証明書を発行して、待合室で待ちます。


1時間に3、4本。


列車が入ってきました。
この後千歳駅で快速エアポートに乗り換えて空港へ。
2泊3日の「『マッサン』を訪ねる旅は最後まで充実したものとなりました。




関連ランキング:焼肉 | サッポロビール庭園駅

食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


ヴァルハラ 北海道工場店焼肉 / サッポロビール庭園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2