2019年4月17日水曜日

職場の新メンバーに虎ノ門ランチスポットをご紹介。ユニークで癖になる「肉そば ごん」のシビレまぜそば


先週の歓迎会で我が社の新メンバー3人に対して、業務に関するユニークなクイズを幹事の肝入りで行いました。
成績が一番だった人には、私がランチをご馳走するというのが賞品。
見事一位になったH氏を連れて、本日のランチです。
手札が多すぎて、どこに連れて行こうかかなり迷ったのですが、ユニークなコンセプトと、美味しさ、それにご馳走に値するお値段ということで、「肉そば ごん」を選びました。
もちろん11時半に会社を出てのアーリーチェックイン。
それでもギリギリセーフという人気ぶりは相変わらずです。


入口で食券を購入しますが、まずは人気の定番「シビレまぜそば」を勧めます。
煮豚メンマ味ネギが更にトッピングされた「特製シビレまぜそばA」をチョイス。


テーブルに着くと、辛さと麺の量を聞かれますので、二人ともミドルクラスの2シビ普通盛にしました。ここは麺の量がデフォルトでもかなり多いので、普通盛で十分なのです。
料理が出てくるまでの間に、この店がミート矢澤の経営であること、最近突然閉店した虎ノ門の大行列店「港屋」に端を発するユニークな蕎麦の一つであることなどを講釈します。
そこへお待ちかねの特製シビレまぜそばが出てきました。


今日は奮発して特製にしたので、トッピングで蕎麦が見えません。


「これは美味しそうですね。どうやって食べるんですか?」
と彼に聞かれます。
「好みで天かすをのせ、全体をよーく混ぜるんです。昆布酢も好みで。ご飯は最後に丼の底に少し残る具を絡めて食べるためのものですよ」
と私。


まずは卵黄に箸を入れ、シビレ肉味噌とよく混ぜ合わせてから、天かすをのせ、更に全体をワシワシとしっかり底からかき回します。


日本蕎麦にしては珍しい極太麺が、しっかり具材と混ざり合ったところで頂きます。


ピリ辛の肉味噌にはしっかりと山椒。麻辣味のシビレ加減が実に爽快です。


ふと見るとH氏は汗だくになっています。


私はお約束通り中盤で昆布酢を垂らし、少しマイルドに味変して、残りの蕎麦を一気に啜ります。


丼の底には、肉味噌や細かな具材が残っています。


ここに追い飯をインして混ぜ合わせ、レンゲで掬ってフィニッシュです。


「これは美味しかったです」
とH氏も喜んでくれたので、連れてきた甲斐がありました。
帰りに、虎ノ門の路地裏に潜む私がオススメする名店をご案内しながらの食後のお散歩。
腹パンの胃袋も程よくこなれ、良いランチとなりました。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5