2017年4月20日木曜日

大井町~青物横丁センベロハシゴ③ 青物横丁のアットホームな地域密着型居酒屋「葉月」。安くてボリューム満点のツマミでお腹いっぱい

二軒目の大井町野焼を出たOさんと私はタクシーを拾って、青物横丁へ向かいます。
タクシー料金が安くなった東京では、近距離移動はタクシーが便利。
狙いの店は居酒屋葉月


軒先のイルミネーションが、なんとも下町っぽい。


宝山が210円、220gのサーロインステーキが1000円という驚きの価格。


思わず店の前で立ち止まってメニューを眺めてしまいます。


間口の割に奥が深いオオバコ店。
手前がテーブル席とカウンター、奥が座敷になっていて、ご近所さんと思しきお客さんが盛り上がっています。


三軒目とあって、アルコールはハードリカーからのスタート。
ハイボールをチョイスします。


突き出しは好物のマカサラ
これは嬉しい。


お腹はそれなりに満たされているとはいえ、食いしん坊の二人ですからメニューはひと通りチェックします。


胃の残存スペースが限られているからこそ、吟味が必要なのです。

結局、入口に書いてあったサーロインステーキを注文。
アツアツの鉄板にのって出てきました。


220gサーロインステーキ
これで1000円でいいのでしょうか。


ガーリックをのせて。


吉田類が食べていた「スペシャルかっちゃんオムレツ」というのを食べてみたかったので、カウンター越しに大将に質問します。


「それはチーズオムレツですね」
と作ってくれたそれは、巨大サイズ。


炒めたキャベツとチーズをたまごで包んだヘルシーなようでヘルシーではない、ボリューム満点の料理です。


ここでアルコールをチェンジして、芋宝山にします。
ナミナミのロックが210円


ずっと気になっていた黒板に書いてあるあなご玉とじもオーダー。


柳川風の仕立てで出てきました。


濃い目の甘辛い味付けは、ご飯にのせたくなります。


ここで締め。
昔のナポリタンにするか、ガーリックライスにするか、かなり悩みましたが
「ナポリタンならハーフサイズがあるから、それで丁度いいんじゃない?」
と注文。


ところが、出てきたナポリタンのハーフサイを見て、我々は愕然としました。


これはハーフではありません。
フルサイズ、いや大盛りです。


驚く我々を見てマスターご夫妻は茶目っ気たっぷりに
「びっくりした?それでハーフですよ。普通だとその倍」
と笑います。
これで400円ですから、カプリチョーザサイゼリヤも驚く価格破壊です。


深夜に大盛りのナポリタンにパルメザンをかけて、なんとも不摂生ですが旨い。


食べ終わって、お安いお会計を済ませます。
本日センベロ用に二人で拠出した2万円は7千円ちょっと余りました。
今日は三軒回って、一軒平均一人2千円ちょっとの計算です。


城南エリアの奥深さを再確認した大満足の大井町~青物横丁センベロハシゴ。
まだまだ調査が必要です。




関連ランキング:居酒屋 | 青物横丁駅品川シーサイド駅新馬場駅

葉月居酒屋 / 青物横丁駅品川シーサイド駅新馬場駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5