2019年9月10日火曜日

残業帰りに都心の大衆酒場で軽く一杯。「虎ノ門 升本」で旬の新さんま刺身とホッピー


今日は遅くなりました。
軽く一杯引っかけて、気持ちをリセットしてから帰りたい気分。
事務所のある虎ノ門界隈では、間違いない大衆酒場「虎ノ門 升本」の暖簾を潜ります。


オオバコの店内は、相変わらずの賑わい。
長テーブルの真ん中席しかあいていないので、相席でお邪魔して、まずはドリンクのオーダー。
もちろんホッピーの一択です。


絶賛ダイエット中ということもありますが、ここは海鮮が一押し。
メニューの中から旬の新さんま刺身をピックアップします。


厨房が混んでいて、料理が出てくるまで少し待つ間に、疲れとストレスからか、ホッピーがみるみる減っていきます。


ようやく出て来た旬の味覚を味わいながら、あっという間に一杯目を空けて、ナカをお代わりします。


次なる展開をどうするか、ほぼ暗記している短冊メニューを、改めて隅から隅まで眺めます。
今日は大好物の名物玉子焼きは売り切れ。
ダイエット前ならハムカツを頼んでいたでしょうか、今は揚げ物は避けています。
目に留まったのは生しらす
これに決めましょう。


しばらくして出て来た生しらすは、かなりのボリューム。
薄切りのきゅうりにたっぷりとのっています。


生姜醤油を浸けて、薬味の葱と一緒に添えられた焼きのりに包んで食べれば、磯の香りが口いっぱいに広がります。


もう一杯だけ飲みたい気分なので、酎ハイをオーダー。


つまみは野菜を摂取するために、木の子・小松菜・油揚の煮浸しを注文します。


かなり低カロリーなひとり酒のお会計は二センベロ。
気持ちのリセットもできたので、家に帰ることにします。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5