2012年11月8日木曜日

お初天神「涿屋」で素晴らしい料理と焼酎を。仕上げはいつもの南森町「ホワイトラベル」

以前から一献を、とお誘いしていた別部署のY次長と懇親の会。
同僚のM部長共々ご案内頂いたのはお初天神涿屋(たくや)
昭和の香りが色濃く残る一角です。
今週は二回目。



暖簾をくぐるとカウンターだけの小さな店。


Y次長が予約して下さっていましたので、カウンターはセットされていました。


島とうがらしがありましたので沖縄に関係があるのか店主に聞いてみた所、鹿児島だそう。
鹿児島でも沖縄料理はよく食べると聞きました。


まずは生ビールで乾杯。


お通し突き出し
昭和居酒屋の風情ですが、料理は気のきいた小料理屋の感じ。
器も凝っています。


メニューは店のウリでもある豚料理をはじめ、小料理の他に沖縄料理が目につきます。


大トマトスライス
手前は


ゴーヤ刺し
小豆島生醤油で。
久しぶりに身体にいいものを食べた気がします。



Y次長推奨の冷奴は少し甘みのある鹿児島醤油で。


名物料理、豚の燻製
ロース、肩ロース、バラ肉の盛り合わせ


粒マスタードで。
最高のアテ。


生ビールの後は焼酎で。
沖縄料理なら泡盛かな、とまずは残波から。
もちろんロックで。


大きな湯のみに入ってでてきました。


メニューを見た時から気になっていたポーク卵
焼いたスパムの上に卵焼きがのった私の大好物。


マヨネーズ粒マスタード


卵の半熟加減がいい。


今度は焼酎を黒糖に。
奄美喜界島の銘酒、朝日をロックで。


さて、メインのとんかつ
この店では豚活と書きます。
ちょっと粋。
器にうすく振られたが出てきます。


出てきた豚活が真っ黒なのでびっくり!
思わずマスターに理由を尋ねました。


イカ墨を練り込んだ自家製パンを焼き、それをパン粉にしているそうです。
凝った造り。


衣は薄くカリッと。
中はピンクですが芯まで熱は通っています。


塩につけて。
柔らかく、肉そのものの味を感じる優れた一品。


焼酎はもう一種類赤芋明るい農村を挟んでなかむらに。
焼酎に詳しいM部長推奨。


〆はソーミンチャンプル
いい感じにフィニッシュ!


デザートが出てきました。
ブルーベリーで口の中はさっぱり。


この方が小粋な料理を美しい器に盛り付けて出してくれる店主橋口さん。
名刺には大将と書いてありました。

撮影・掲載許可済み
結局私は焼酎ロックを5杯。
Y次長とも公私にわたり色んなお話ができ、親睦の会は無事終了。
気がつけば3時間半もたっていました。
Dewar'sWhite Labelが大好きと言うY次長とは次回南森町の私の止まり木ホワイトラベルにお連れする約束をして解散となりました。




関連ランキング:とんかつ | 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)


涿屋とんかつ / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


お初天神からブラブラ歩いて10分ちょっと。
自宅手前のホワイトラベルに吸い込まれてしまいました。
二日連続。


珍しく私一人。
一時間だけ飲んで帰ろうと思っていると、久しぶりにお会いするマスコミ関係の常連さん。
面白い裏話についつい引き込まれ、気がつけば1時。
またもや飲み過ぎの懲りない私はつらい朝を迎えることとなりました。




関連ランキング:バー | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ