2012年11月7日水曜日

新地「料亭 松本」で名物とり弁当。梅田の都心で昭和にタイムスリップ

職場のYさんに教わった店に行ってみたところ臨時休業。
そういえば近くに同期のM君の情報でとり弁当を食べさせる店があったな、と方針転換。
新地上通り料亭 松本



暖簾をくぐれば、そこは料亭という言葉とはちょっと異なる雰囲気。
カウンターとテーブル席。
板場のほうが大きい、いささかアンバランスな店内。
割烹着を着た女性が何ともいえず場末感すら感じさせます。


ランチは件のとり弁当の他に定食が6種類。


料理の内容からいってすぐ出てくるかと思っていましたが、意外と時間がかかりました。
さして広くない客席にお客は3組。
国道2号線の一本裏、梅田にもほど近いこの場所で、昭和40年代にタイムスリップしたようです。
かつて築地にあった自称料亭らく万という店を思い出しました。


お盆にのって出てきた名物とり弁当


お麩の味噌汁


小鉢お漬物


食後のデザート、ということなのか林檎が一切れ。


鶏肉胸肉
それゆえさっぱりとはしていますが、もも肉と比べればどうしても淡白で固くなってしまいます。


鶏肉の下は刻み海苔錦糸卵が敷き詰められ、その下には甘辛い焼鳥風のタレ。
山椒が振ってあり、なんだかご飯だけ食べているとうな重を食べているような錯覚に陥ります。


閑散とした昭和レトロな店内で、壁のテレビが接戦のアメリカ大統領選挙を伝える異次元空間。
普通盛でも意外と量のあるご飯を食べ終え、お勘定を済ませて表に出るとそこは平成24年の大阪でした。




関連ランキング:割烹・小料理 | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

料亭 松本割烹・小料理 / 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

昼総合点★★★☆☆ 3.0