2014年9月12日金曜日

マイブームの東天満「光 中央軒」で、今更ながら初めて食べた看板メニューの長崎皿うどんはさすがの味

今日は金曜日。
お昼はしっかりと美味しいカレーを食べたので、夜は飲みに行く気分ではありません。
「そういえば、あそこの皿うどん、まだ食べてなかったな」
と思い出しました。

あそこ、とは東天満光 中央軒
昔ながらの下町中華です。


ビールの大瓶餃子を注文。
今日はお母さんに聞かれる前に
「一緒に持ってきて」
とお願いしました。
もうすっかり常連気取りです。


美しいきつね色の餃子


ラー油を効かせた酢醤油で。


にんにく強めの餡はジューシー。
皮は、焦げ目はカリッと、内側はモチっとしていて、三位一体の見事なコラボ。


下町中華にしては羽根つきだったり。
川崎の羽付き餃子、思い出すなぁ。


ゆっくりとビールを飲みながら、メインディッシュの検討。
皿うどんと決めてきたくせに、魅惑的なメニューにその決心が揺らぎます。
もう一品いってから皿うどんにしようか、などどという欲深いことも考えましたが、この店のボリュームを考えればそれは無理。


散々悩んだ挙句、初志貫徹で看板メニューの長崎皿うどんにしました。


想定以上のボリューム。
もう一品頼まなくて良かった。


中華スープは嬉しい玉子。


とろみのある餡の下には、カリッと揚がった皿うどんの麺。


餡と絡めながら頂きます。
この前の長崎旅行を思い出すなぁ。
しみじみと美味しく、しかも大阪で食べているとは思えないレベル。


カウンターには男一人のご同朋たちが、やはり皿うどんやチャンポンを食べています。


中盤から少し苦しくなってきましたが、何とか完食です。


食べている時にお客さんがおみやげを注文。
「餃子、生で二人前!」

「えっ、生があるんだ!!」
と私は思わず声が出そうになりました。
まだ掘り下げなければいけない課題の多い店です。



↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ