2015年6月30日火曜日

北新地で大成功のカレーラーメン専門店の二号店「旬菜堂 肥後橋店」を初訪問。一年足らずで人気となったお店を支える看板娘に久し振りにご挨拶

「肥後橋にカレーうどん食べに行こうよ」
とM部長を誘ってえん魔家に向かいましたが、あいにく行列。
カレーモードの気持ちをなんとか収めなければいけません。
「そうだ、肥後橋に旬菜堂の二号店が出来たから行ってみよう」
と作戦を変更しました。

行列の老舗洋食屋グリルピエロの真向かいに、やはり行列の店が見えました。

撮影・掲載許可済み

旬菜堂 肥後橋店
昨年9月に北新地にオープンして以来、マイブームのカレーラーメン専門店が、なんと早くも二号店を肥後橋にオープンしたのは、まだ今月の初めです。


入口で呼び込みをするのは、「マッチ売りの少女」と私が勝手に名づけた笑顔の可愛いスタッフ。
脱サラ店主の彼女でもあります。
真冬の寒い時も新地でチラシを配っていた彼女の健気な努力が実を結んだ繁盛と二号店のオープンと言っても過言ではありません。
「あ、わざわざ来てくれたんですか!?」
と彼女。
「うん、様子を見たくてね」
と私。
実は一軒目に振られたからなのですが、近いうちに来てみたいと思っていたのは事実。

撮影・掲載許可済み

サラリーマンで賑わう店の前にはメニュー看板。
唐揚げなどは以前はなかったラインナップです。


店内は新地の本店同様机と椅子を詰め込みすぎて、かなり窮屈な状況です。


今日は梅ラーメンにしました。
もちろん温玉トッピングにランチタイムサービスのライスを小で頼みました。


ところが、お得なランチセットメニューに卵かけご飯が+100円で注文できることを知りました。
温玉と同じ100円なら、断然お得。
慌てて注文を切り替えました。


本店では壁面に書いてあったこだわりの口上がメニューに書いてありました。


夜にもお得なセットメニューがあるようです。
新地と違って、酔客の仕上げというよりは、お仕事帰りのサラリーマンを狙っているのでしょうか。


程なく梅ラーメンと卵かけご飯のセットが到着しました。


ほんのり梅の香りがします。


たっぷりの葱と刻み海苔、青じそがアクセント。


こだわり卵を使った卵かけご飯。
最初からご飯に窪みを作って入れてあるスタイルは私好み。
日曜日に食べた但熊以来、卵かけご飯づいています。


まずはスープを一口。
すっかり自分の店の味が出来上がったようです。


麺は中太の縮れ麺。
カレースープとの絡みも良好です。


梅肉が見えました。
カレーと梅がこんなに合うとは、この店で食べるまで思いもよりませんでした。


卵かけご飯には専用の醤油をかけます。


濃厚な黄身に箸を入れます。


やや粗めに撹拌。
良い色になりました。


そのまま少し食べた後、禁断のラーメンライスへ移行。
卵、ご飯、カレー、ラーメン。
合わないものは一つもない究極のコラボ。


最後はカレースープを投入してつゆだくで、お茶漬け感覚。


カレーラーメンとTKGの相性が良いだろうとは想像はしていたものの、こんなに合うとは思いませんでした。



完食完飲です。


エアコンはついていましたが、ドアが開いていたので、全く効いていません。
厨房の熱気とカレーラーメンの熱さと辛さで、店中サウナ状態。
私も、自分のカレーラーメンやパンツに滝のような汗がしたたり落ちました。
全身ずぶ濡れになりましたが、暑い時は汗をかいた方がいいのです。
久し振りにあった店主と彼女に謝辞を告げて、ブラブラと会社に戻りました。



関連ランキング:ラーメン | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


旬彩堂 肥後橋店ラーメン / 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3