2016年7月12日火曜日

ディープ赤羽センベロ企画~4軒ハシゴで6,000円① 朝9時から営業する大衆酒場の名店「鯉とうなぎのまるます家 総本店」で鯉生刺しとジャン酎

職場のメンバーと4人で、久しぶりの下町居酒屋巡り。
今宵はセンベロの聖地赤羽へ。
上野東京ラインのおかげで、新橋から20分弱で来れるようになりました。


4軒はハシゴしたいので、定時とともに会社を出発しました。
まだ明るいうちから飲める幸せ。


一軒目は名店鯉とうなぎのまるます家 総本店


軒先でうなぎや弁当の販売も行っている地域密着の食堂が飲み屋に進化したバージョン。


朝9時から営業していますが、ハシゴ酒が当たり前の赤羽では、泥酔客は店にとっても他のお客さんにとっても迷惑。
「酔っぱらいお断り」という張り紙は、この街では珍しくありません。


行列は二組目。
18時半で早くも出てくるお客さんがいます。
相当早くから飲んでいるのでしょう。
我々は4人だったので、二階席に案内されました。


広間には力士の手形が飾られています。
タニマチに連れてこられるのでしょうか。


賑わう座敷に座って、壁に貼られた短冊や、ちゃぶ台の上のメニューを確かめます。


いずれも魅力の品ばかり。
お値段も大衆価格です。


まずは乾杯。
私とN君は赤星


I君は名物の特大生


と、そこへ一人遅れてきたS君が参戦。
彼は小生で。
といっても一般店の中サイズです。


とり皮ポンズ


冷たいたぬき豆腐


冷やしたぬきそばの豆腐バージョン。
これは実に旨い。


アルコールを切り替えます。
当店ではジャン酎の愛称で知られる、ジャンボチューハイボトル。


私の大好きなプレーンチューハイです。


そして名物の鯉生刺し
生姜とにんにくが添えられています。


鮮度の良さがわかる艶。


鯉特有の臭みも全く無く、実に旨い。


玉ねぎが大好きだというN君が発注した新玉ネギ串揚げ


ロックアイスを頼んだら、発泡スチロールに入って出てきました。
こんな大衆感が、いかにもこの酒場らしい。


更に刺身を。
ツブ貝馬刺


やはりこの店では川魚。
どじょう丸鍋は東京に戻ってからは初めてです。


七味を振って。
懐かしい味。



自家製ジャンボメンチカツ


みっしりと詰まったメンチは、満足度の高いもの。


エンジンはすっかり暖まりました。
二軒目に向かいます。





関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


鯉とうなぎのまるます家 総本店居酒屋 / 赤羽駅赤羽岩淵駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5