2015年7月9日木曜日

なかなか予約が取れない人気店となった与力町「竹うち」で久し振りのひとり酒。蒸し暑い大阪で一服の涼

今日は本当に蒸し暑い一日でした。
日中の気温は30℃、湿度は98%という、まるでミストサウナにいるような状態でした。

残業で会社を出たのは19時を回っていましたが、まだじっとりとした空気です。
このところ振られることの多い与力町の竹うちに電話をすると、今日は大丈夫だというので、久し振りに暖簾をくぐりました。


カウンターの右端の定位置に私の席がセットされていました。
まずは冷えた生ビールを一杯。
この店は注ぎ方が上手いので、きれいな泡がたっぷり。


私がお店に入ったのは19時半。
今日もテーブル席は満席で、カウンター席も私がラストワンという繁盛ぶり。
黒板の料理もすでにいくつかが品切れになっています。

一品からはもの子
鱧の子を玉子で綴じた、まさに私好みの料理。


魚卵と鶏卵のコラボです。


とにかく身体を冷したいので、冷奴


 たっぷりの生姜が嬉しい。


ようやく人心地つきました。


 お酒はキープしてある赤霧島のロックに。
 そろそろ無くなりそうです。


アオゼの味噌漬け
「アオゼって何ですか」
と奥さんに聞くと、いつものように小さな魚図鑑を持ってきて説明してくれました。
「アオダイのことなんです。背中が青いからアオゼって言うんですよ」
なるほど、アオダイのことだったんだ。


癖のない白身魚ですが、脂がのって美味。
味噌漬けとの相性も抜群です。
ご飯にのせて食べたい感じ。


「この前、会社の方がいらっしゃいましたよ」
と奥さん。
聞けば、営業のM部長。
昨日ホワイトラベルで遭遇した彼が、そういえばそんなことを言っていました。

少し野菜を。
ほうれん草
じゃこがたっぷり添えられて、三杯酢がかかっているのが竹うち流。


今日は〆にお寿司を頼みました。
細巻きの二種盛りで。


あなきゅう巻かつお鉄火巻


そこらの寿司屋よりも遥かに旨いのです。


今日はここ一軒で締めるつもりなので、しじみ汁もお願いしました。


我ながらいい組み立てだった、今日のひとり酒。


満員で賑やかな店内。
「いつもよく繁盛してますよね。最近なかなか入れなくって」
「いえいえ、ガラガラで電話も鳴らない日があるんですよ。そんな日はお電話しますね」
「ええ、是非。呼び出してください」
そんな会話がフランクにできるお店が地元にできるとは、4年前に転勤してきた時には思いもよりませんでした。
そろそろ帰ろうかと思っていると、いつも美尋でお会いするご夫婦がいらっしゃいました。
そういえば、今日は木曜日ですから美尋は休み。
この町の安くて旨いお店を知る人たちのローテーションになっているのです。




関連ランキング:居酒屋 | 扇町駅天満駅大阪天満宮駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ