2015年7月6日月曜日

姫路濃厚豚骨なる触れ込みのラーメン「ずんどう屋 梅田店」は博多豚骨インスパイア系。こってり濃厚な味玉らーめんに生にんにくを二個投入してジムの前のスタミナ補給

今日は久しぶりに梅田のジムで泳ぐことにしました。
阪急東通商店街に昨年出来た新店がずっと気になっていたので、今日のカーボローディングはここで、と決めて来ました。


ずんどう屋 梅田店
姫路濃厚豚骨を謳っていますが、その理由は姫路発祥の豚骨ラーメン店だからで、姫路豚骨ラーメンというジャンルがあるわけではありません。
2002年創業で関西を中心に展開していますが、今年の夏にはとうとうNYにも進出を果たすという大したチェーン店に成長しました。


昼間はなかなかの行列らしいのですが、私の来た夜の時間帯は空席が目立ちます。


柱がせり出して通り抜けられないので、入口が分かれています。


カウンターの上には辛子高菜。


卓上には紅生姜と生にんにく。
博多豚骨のインスパイア系と見て取れます。


辛子高菜は小皿に取って、ラーメンが出てくるまで摘みましょう。


と思っていると、もう出来ました。
味玉らーめん
麺は細麺と縮れ麺が選べますが、私は細麺を選びました。
背脂の量はこってり、普通、少なめと選べますが、少なめで。


この後スイミング、それが終われば家に帰るだけ。
思わず生にんにくに手が伸びます。


「あかんかなぁ」
と思いながら二個クラッシュ。
ドロドロのスープは、生にんにくが沈殿することを頑なに拒んでいます。


黄身の色が美しい味玉。
このあたりの仕事の丁寧さから、ラーメン本体も期待が持てそうです。


トロトロのチャーシューが二枚。


まずはスープを一口。
ドロリ感を感じるかなりの粘度。
これでも背脂少なめですから、これがこってりなら大変です。
昔なら迷わずこってりを頼んだでしょうが、今はとても無理。


麺は自家製で、なかなか旨い。
細麺にしましたが、替え玉があるシステムはやはり博多豚骨系。
ランチタイムは替え玉無料らしく、近隣のサラリーマンが押しかけるのも頷けます。


中盤にゴマ。


そして麺を食べ終わってから辛子高菜と紅生姜を入れます。
途中で入れると味が変わるから、というのが持論。


完飲はなりませんでした。
もっとも、50を過ぎてこんなものを完飲していてはいけません。


すっかり汗だくです。
これだけのカロリーを摂取して、これから1時間泳いだところで、ローディングし過ぎたカーボンと背脂が燃焼するとは思えません。
しかし、ここで泳がないともっと大変なことになります。
東通商店街を抜けて、ジムへ向かいました。



↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


ラー麺 ずんどう屋 梅田店ラーメン / 東梅田駅中崎町駅梅田駅(大阪市営)

夜総合点★★★☆☆ 3.5